トップ 最新 追記
RSS feed

ただのにっき


2020-08-07(金) [長年日記]

Rakuten MiniのBand1交換品が到着

6月に届いたRakuten MiniがBand1非対応版だったことは以前書いた。その後、楽天モバイルアプリのサポートチャットで問い合わせたところ無事に交換してもらえることになっていたのだが*1、それきり音沙汰がなくてすっかり忘れていたら、昨日いきなり届いてびっくりした。もっとあとになると思っていたよ。ちなみにさんざん「同じ色になるとはかぎらない」と脅されていたのに、届いたのは同じクリムゾンレッドだった。GJ*2

で、同封されていた紙っきれに……は旧端末の返送方法しか書いてなくて、すみっこに印刷してあるQRコードの先にある解説によれば、日中しかあいていない窓口に電話してeSIMをアクティベーションしろと書いてある。電話かよーーーーー!!!!

そんなわけで昨夜は何もできず、今朝一番に電話した。氏名、生年月日、連絡先電話番号を伝えて本人確認*3。このキャリアと契約してから、このやり取りを何回しただろうか。アプリに個人情報紐付いてないのかしら。ともあれ滞りなく手続きは済み、「2、3時間すればアプリから開通処理できるようになる」と言われたので、昼休みに作業できそうだ、と見通しがたつ。

……と考えていた時期がおれにもありました。

3時間どころか4時間待ってもなにもできない。さすがにこれはおかしいと思い、ふたたびアプリからサポートへチャット(本日2度目の本人確認プロセスが走る)。やれアプリを再起動しろだの、端末を再起動してみろだの、どう考えても時間稼ぎとしか思えぬやり取りが続いたあと*4「チャットではSIM交換手続きの対応はできないので電話窓口にまた連絡してくれ」。また電話!! てかチャットの意味ない!!! 最初からそう言え!!!!

これにはさすがに腹が立ったので苦情をまくしたてたけど*5、苦情を伝える窓口がサポートしかないのでそうしてるだけで、本当に悪いのは見切り発車で不完全なサービスを始め、しわ寄せを全部サポートに丸投げしている経営陣なのは間違いない。サポートの人たちも被害者だよなぁ、これ。ほんとひどいサービスだよ、楽天モバイル。

そんなわけで、夕方から出かける用事があったので、イチかバチかで新端末だけ持って出かけ、歩きながら電話をする(本日3度目の本人確認)。「ごたくはいいから、開通見通しの時間だけ教えて」と主張したところ「30分から1時間」との回答を引き出したので(またまた~)と思いつつもここは引く。

で、きっちり30分待ってからアプリを起動したらなんと!(笑)

[スクリーンショット]「開通手続きが完了しました」

いやまぁ、ここまで待たされてから予告どおり開通できても嬉しくもなんともないけどな。けっきょく朝から8時間かかったよ。SIMの開通手続きっていまだに人力オペレーションが挟まってるんだっけ? 現場がどんな状況なのか、想像するだけでも恐ろしい。

そんなわけで、無事、Band1が使えるようになりました*6

[スクリーンショット]新旧対応バンド状況

無料期間の終わる1年後、DoCoMo系のMVNOでeSIMが買えるようになったらMNPしようと考えていたけど、そんな状況とは無関係に楽天はやめるわ。こんな不安しかないキャリアはごめんだ。

*1 巷では音声電話で申し込む流れが定着していたようだが、もちろん同じサポートなのでチャットでも大丈夫(←伏線)。

*2 なぜか頼んでもいない液晶保護フィルムが同封されていたんだけど、これって詫び石的ななにかかな? あとから法外な代金を請求されたりしないよね……?

*3 契約番号以外の電話番号を認証に使う以上、楽天をメイン回線にはできないってことになるんだけど、それでいいのかな……。

*4 返答待ちの間にいろいろ別なことができるのはチャットのいいところである。

*5 チャットでまくしたてるというのも変な表現だが、Miniでフリック入力するのは苦行でしかないのでもっぱら音声入力を使っているから、わりと正確な表現ではある(笑)。

*6 QuickShortcutMakerというアプリからEngineer Modeを起動して確認。QuickShortcutMaker、いろんな設定画面にダイレクトアクセスできるショートカットを作れて便利だわ。Xperiaでも使おう。


2020-08-05(水) [長年日記]

排骨麺の日

[写真]醤油ラーメン、パーコー乗せ

かみさんが突然「今日は排骨麺の日だ!」というので*1、夕飯は急遽ラーメンになった。相模大野のらぁ麺 吉凛、いつも通りすがっているだけなので初めて入店。メニューに排骨麺はないが別皿でパーコーだけ頼めるので、勝手にトッピングする。なので一番シンプルな醤油ラーメンを頼んだ。

コロナ禍下かつ平日なのでかなり空いていた。デリバリーもやってるし平日割引があるくらいなので大変なんだろうなぁ。店内の感染対策が、手指消毒やマスク着用は当然として、ナプキンなどは客がゴミ箱へ捨てるようなフローになっており、「従業員の安全」に軸足を置いているのが「本質がわかってる」感じがしてとても好印象*2

ラーメンも美味しかったし、種類も多くていろいろ試したいのでまた来よう。

*1 言うまでもないが「8-5」→「パーコー」の語呂合わせである。

*2 極端な話、飲食店では客の安全なんてどうでもいいのだ。従業員さえ安全なら客は自動的に安全になるのだから。


2020-07-30(木) [長年日記]

映画「LITTLE WOMEN」を観てきた

邦題は「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」だそうです(ため息)。かなり美しい絵作りの映画だったのに、この邦題じゃまるでクソダサB級映画じゃねーの。

[写真]イオンシネマ座間のロビー

かみさんが観たいと言ってた映画が今日までとのことだったので、仕事を少し早めに切り上げてイオンシネマ座間へ。このコロナ禍まっただ中にオープンした、というか当初のオープン予定からはだいぶ遅れたと思うけど、すでに開業後しばらくたっている、はず。我が家からがんばれば歩いて行ける、これまでの生涯でもっとも近所にできた映画館だ。イオンモールの中にできたと聞いたときはあの建物のどこにそんなスペースが!? と疑問だったのだが、なんと別に建てた平屋のシネコンだった。なんて贅沢な。

広々としたロビーは平日なので客も数人しかおらず、宣伝映像もポスターもほとんどなく(なんで?)、なんとも殺風景なのだった。この時節、映画館経営は大変だと思うけどがんばってほしい……。なお座席は1つおき、チケットもぎりの前に体温測定。このスマホっぽい体温測定とマスク着用チェックをする端末、一昨日行った日帰り温泉でも導入されていたな。こういうところだけ儲かってる感がある。


「若草物語」を読んだことがあるかというとだいぶ記憶が怪しくて、読んだ覚えはあるがマンガや子供向け抄訳かも知れず、少なくとも下巻はちゃんと読んでない気がする。そこに「ガラスの仮面」の記憶がおおいかぶさるものだから、だいたい猩紅熱のエピソードだけが印象に残っているのだ*1。なのでどれくらい原作に忠実な映画化なのかはまったく判断できない。

少女時代を断片的に振り返る構成になっていて、そこは原作と違うのはわかる。おかげでかなり時制が入り乱れるからときおり理解が追いつかなくなることがあるが、なんとなく着ている服から時代がわかるなぁと気づいてからはわかりやすくなった。

アカデミー賞で衣装デザインを獲ったくらいだから衣装がどれも素敵で、観ていて楽しかった。4姉妹にキャラカラーの設定があるあたりは、アニメやゲームでおなじみな感じでちょっと面白い。あとローリーの着ているシャツがいちいち軽薄なところとか。

主役たるジョーとその相方ローリーの演技は素晴らしかったが、それ以上にベスの死期を悟ったゆえの覚悟の眼力が印象に残っている。そして「エマ・ワトソンもう30歳マジで!?」。

全体としては、佳作だけど傑作ではないかなぁというところ(アカデミー賞も衣装以外は獲れなかったようだし)。女性の権利(と経済)に関する主張が強めだったけど、これが原作の「解釈」によるものなのかどうかは、先に述べたとおり判断できない。あとで青空文庫でも読むとしよう。

Tags: movie

*1 その上「赤毛のアン」ではアンが大人の手を借りることなく猩紅熱に勝利するエピソードがあるのでさらに記憶がややこしくなる。


トップ 最新 追記
RSS feed