トップ 最新 追記
RSS feed

ただのにっき


2019-11-24(日) [長年日記]

映画「T-34」を観てきた

これ実写版「ボーイズ&パンツァー」じゃん! めっちゃ楽しかった!!

かみさんと観たい映画が一致することは多くないのだが(というか合わない映画はそれぞれで観に行く)、なぜか戦争映画は一緒に観に行くことが多い。というわけで「T-34*1」が面白そうなので朝一番の立川シネマシティへ行ってきた。早起き!

「ドイツ軍に捕らえられたソ連軍の捕虜が、演習相手用に与えられた自軍の戦車を使って300km離れたチェコまで逃走する」というお話*2。予告ムービーではCGで超リアル(?)に描かれた砲弾のスローモーションとかが目を引くけれど、ああいうので驚くにはこっちはスレすぎてしまっているのでそんなでもない。

それより、戦車戦のリアリティというか、もちろんフィクションでエンターテイメントだからご都合主義的脚本なんだけど、それでも迫真の音響や男たちの表情や汗から伝わる息が詰まるほどの緊迫感がたまらんかった。戦車が動いてるときだけじゃなく、止まっているときまで面白いんだから本物だ。

ありがたいことにわれわれオタクは、戦車戦が実はとんでもなく高度な頭脳戦であることを知ってしまっているので(笑)、それが実写で実現されているんだからそりゃ楽しいですよ*3。ちなみに本作では本物のT-34を使っているのはもちろんのこと、俳優が実際に操縦しているらしい。とんでもねぇな。

紅一点のヒロインにはそれなりに重要な役目は与えられているものの、べつに女っ気はなくてもいいよなーとは思ったが*4、バス停で落ち合ったときにスカーフを取って笑顔になるシーンは実に素晴らしいコントラストだった。最後の「握手」のシーンなんかも含め、演出的にも観るべきところの多い映画。

[写真]紅葉したもみじ

終わったら11時でまだランチには早いので、少し歩いて昭和記念公園まで。犬と人間の割合が1:1くらいだった。あとなぜか中国人観光客(?)が大勢いて、紅葉写真を撮りまくっていた。あの人たちは連れの女性をモデルにした写真を撮るので面白い。つーか、なんでこんなところで観光を?

[写真]炭焼ハンバーグ

相模原では絶滅したとされている伊勢丹が生き残っているのを確認しつつ、ランチは高島屋でハンバーグ。最近はやりの俵型生焼けハンバーグだ。初めて食べた。

Tags: movie

*1 邦題「T-34 レジェンド・オブ・ウォー」。よけいなものくっつけない方がカッコいいのに。

*2 まず「300km」ってところで「戦車でそんなに走れるかぁ?」って思うじゃん? T-34の航続距離はちょうど300kmらしい(Wikipedia調べ)。絶妙。

*3 なお、そういう文脈では、劇中のドイツ軍戦車の呼称が「パンター」なのでムズムズした。どっちが正しいとかじゃないとは思うが。

*4 濡れ場は本当に不要だったと思うね。蔓延するハリウッドの悪しき風習。


2019-11-17(日) [長年日記]

ダクトテープで掃除機を修理した

[写真]ぱっくり割れた掃除機のホース

ある日、掃除機を使おうとしたかみさんからこんな写真が送られてきた。ダイソンの掃除機のホースが、リモコン部の付け根からぱっくりと割れている。端っこでかろうじてぶら下がってる感じ。たしかにここはよく動く場所だし、疲労破壊がおきても不思議じゃない。もう10年選手だし。

で、こういうときはアレだよな! ダクトテープ!! これなくしてアポロ13号も地球に帰還できなかったとすら言われる、人類史上最強の万能修理ツール。……といってもハードウェアいじりから可能な限り離れて暮らしてきたから、実際に使う場面に出会ったことはないんだけど(笑)。

[写真]ダクトテープで修理したホース

そんなわけで、そそくさとホームセンターへ。「ダクトテープ」という製品はなくて*1、スコッチから出ているそれっぽいのを買ってきた。問題の接合部はクリアランスが少ないけど、うまい具合に巻きつけたらなんとか挿せるくらいの厚みで済んだ。もともとダイソンは部品の合いが甘いのが良かったかも。

ともあれ、これでおれも「ダクトテープを修理に使ったことあります」って言えるようになったぜ。

3M スコッチ 強力多用途補修テープ 48mm幅x9m DUCT-09
-
スリーエム(3M)
¥408

*1 Wikipediaによればオリジナルはジョンソン・エンド・ジョンソンだが、商標登録はAlbert Arno社。ただしダクトテープはほぼ一般名詞化している。おそらくシェア1位は3Mスコッチぽい?


2019-11-08(金) [長年日記]

ミリシタイベント プラチナスターシアター「待ちぼうけのLacrima」

[スクリーンショット]31189pt 41688位

ジュリア、紗代子、麗花の通称「高域指定Vo力団」による楽曲だから、実装の予告だけで「うぉぉぉ、Lacrimaきたぁぁぁ!」みたくテンションがあがる曲である。基本的にそれだけで満足なのでフルコンとれないとか、忙しくてぜんぜんプレイできず順位も微妙なんてところはまぁどうでもいいのだった。あとはシリウスだなぁ。

ところでコミュはミリシタでは珍しく駄作。まさかLacrimaのコミュで笑いを狙ってくるとは思わなかったが、間違いなくそのチャレンジは失敗している。麗花で笑いをとるの、すごく難しいと思うんだけどね。なんでそんな無茶をしたんですかね。

THE IDOLM@STER LIVE THE@TER FORWARD 02 BlueMoon Harmony
ゲーム・ミュージック
ランティス
¥2,020


トップ 最新 追記
RSS feed