トップ 最新 追記
RSS feed

ただのにっき


2017-06-09(金) [長年日記]

シンデレラガールズ5thライブツアー大阪公演Day1 LV

入場前にドーナツで腹ごしらえ

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!!」の3つめの開催地、大阪公演はDay1のみバルト9にて参加。大阪公演だけ金曜・土曜の開催なので*1、会社をちょっと早めにでて、小走りに新宿へ。

例によってわさますのメンバ4人で並んで観たんだけど、隣に座った法子Pが、開演が迫るにつれてみるみる緊張していく。担当のデビューライブだもんなー、わかるわ。応援の意味も込めて、直前にバルト9の売店レジ横に置いてあったドーナツを衝動買いして軽く腹ごしらえ。同じく今日デビューの歌鈴担当Pたちが道明寺近くの宿を取ったら客が全員歌鈴Pだったみたいな逸話もあって、やっぱりツアーは面白い。

前説でちひろに「もうかりまっかー?」と聞かれて、すかさず「お前がいうな」「もうかってるのはそっちだろ」という愛のある(?)ツッコミが飛んでいて笑った。まぁ、サイゲが儲かってるおかげで楽しいライブが観られるわけで、これぞwin-winだけどな。自分は担当が出ていないので、今日はわりとゆったり鑑賞気分である。


今日ははっしーがいるから順当にいけばセンターははっしーだよね→でもそろそろニュージェネをセンターにしない冒険をしてきてもいいんじゃないの→じゃあ誰かな→やっぱるるきゃんじゃね→あー年功じょれ……→それ以上いけない……みたいな会話があったんだけど(笑)、センターは順当にはっしーでした。実のところ、はっしーは進んで目立とうとするタイプじゃないので、真ん中に置いてあげるくらいがちょうどいいのである。今日はヘアスタイルの「卯月度」がさらにアップして、さすが安心感は抜群だし「はにかみdays」もだんだん我が物にしてきた感がある。

ツアー7ヶ所中2ヶ所を終えると、セトリの予想がけっこうつくようになってくる。Jewelriesシリーズのコーナーは「満開スマイル」に代わって「エチュード」になるから、Cu曲は「アタポン」がいいなぁ、とか。今日はロックの日だし「One Life」は外せないのでは……とか言ってたらやらなかった。なんでや! もっとも今日みたいにソロ持ち組の多い公演では「どのソロをかけないか」はP目線で考えれば相当シビアな調整になるのはわかる。曲数増えたら増えただけ悩みも増える。

過去4公演の流れから、メインパートは4曲でひと区切りだと思っていたので「Flip Flop」のあと着席しようとしたら暗転しっぱなしで、なにごとかと思っていたらまさかの「世直しギルティ」が始まってびっくりした。いやー、まさかつい先日までやってたイベントの新曲をかけてくるとは。誰だ「セトリが読める」とか言ってたのは(おれだ)。雫抜き、2人だけのセクシーギルティだけど、えりぴょん・あじゅじゅは最近2人でラジオやってるだけあって息ぴったり。お色気ビームもちゃんと出て、これはいいサプライズだった。

で、MCを挟んだとはいえ、その直後の「NUDIE★」。見よう見まねのセクシーを演じたセクギルに、本物のセクシーはこういうもんだと見せつける流れ、最高ですわ。るるはあいかわらず歌は下手だし、ダンスもぎくしゃくしてるんだけど、にもかかわらずこの曲で表現すべき「何か」はすべて入れてくる。不思議でならない。シンデレラ最大の謎だと思う。

あとは、そうそう、「青の一番星」がすごく良かったな。同じ曲を何回か本番でやると、ようやく顔を出してくる実力というものがある。他の曲でもだいぶ目立ってきていたし、ルゥが力量を発揮し始めているのがわかって嬉しみ。

「華蕾」からの流れについてはわざわざ記すまでもなく最高。なんの前ぶりもなく暗がりからちょこたんが入ってきたときは「らんこうめだ!」と喜ぶより前に「ひぇっ」てなったし(笑)、その後の「しょうこうめ」につながるセトリは担当Pじゃなくてご褒美だった。ライブのプロデュースがディレ1からJUNGOに代わって最大の加点ポイントが終盤に盛り上がる曲を固めてくるこういう構成だよなー。

個人的MVPは、大阪凱旋公演となったそらそらかな。回数をこなしてきた「ちぇりめり」は、精いっぱい背伸びをしてラブソングを歌う智絵里と、それを全身全霊を込めて演じるそらそら、そして全力で応援する客席のPたちの一体感は素晴らしかった。加えて真顔芸とキレ芸、笑いに貪欲な一門の中でも人一倍こだわりのあるそらそらの面目躍如。いやー、楽しかった。


打ち上げは(もちろん)お好み焼き。今日は終演が遅めで他のメンツには明日の予定もあるので軽く飲み食いして2000円/人くらい。お安い。実は入ったのは「京風お好み焼き」だったんだけど。

打ち上げでお好み焼き

Tags: idolm@ster

*1 日曜にはプロレスの興行が入ってるそうで、このセットをその日のうちに撤収してプロレス会場に変えるなんて狂気の沙汰だなぁ。


2017-06-08(木) [長年日記]

デレステイベントLIVE Parade「With Love」

動員1151862人

LIVE Paradeのようなコンボが重要になるイベントまでにはAndroid 7.0の音ズレ問題をなんとかしてくるだろうと思っていたらなんの対策もされなかったので(なんでやー!!)、今回はできる範囲でがんばらないとあかん。終盤のExエリアは捨てて、ptと動員数を稼ぐだけだなぁ。まぁコンボを稼ぐために同じ得意な曲ばかり連続してプレイするのは苦痛だし、これはこれでありだけど。

新曲「With Love」はまたちょっと懐かしい感じの曲調で、最近、昭和回帰がすぎるんじゃないのと心配になる。譜面はここのところ難しめだったのを反省してか、がんばればフルコンできそうなレベルで嬉しい(だがもちろんいまの環境でフルコンなど夢のまた夢である)。

というわけで、昨日のうちに100万人動員してきらりを3枚GET。これにて終了。さーて、明日からは5thLIVE TOUR大阪公演だ。

Tags: idolm@ster

2017-06-04(日) [長年日記]

横浜F 2-0 川崎@日産スタジアム

アウェイゴール裏2F席より

試合終了と同時に川崎側のスタンドから盛大なブーイングが巻き起こった。川崎サポーターは基本的に選手に対してブーイングをしないので、これが審判に対するものなのは明らかだ。温厚な川崎サポが怒るくらいには今日のジャッジはひどかったということだろう。判定は覆らないし、それも含めてサッカーなのだからつべこべいってもしょうがないが、懸命に戦った選手たちが気の毒だ。なんでいつまでたってもJリーグの審判は質が上がらないんですかね。待遇が悪いのかしらん?*1

……とはいえ、審判がまっとうだったら勝てたかというと、それは話が別である。復帰した家長はあまり活躍できていないし、一方で主力選手がまだ何人も欠けている状況。失点してそうそうにハイネルと登里を投入するまではぜんぜんパッとしなかったし、そのあとはようやく枠内にシュートが飛ぶようになったものの、余裕がなくてほとんどGKの真正面。内容的にもちょっと厳しかったね。後半は横浜もだいぶ良かったし。

帰りながらトボトボ歩いていたら、後ろの父子が「今日のJリーグタイム見たくないなぁ」とボヤいていて吹いた。わからんぞー、Jリーグタイムでは勝ってるかも知れんじゃないか。

でもまー、鬼木監督はすげーよ。ACLはきっちり勝ち続けてるし、新人でここまで実績積んでくるとは想像してなかったわ。選手交代もタイミングが的確で成果が出るし(前監督はこれが不得意だった)、風間サッカーを継承してるとはいえ、ここまでちゃんと選手を使いこなしてるのは素晴らしいのでは。

Tags: frontale

*1 ちなみに今日の審判団はJFAの審判交流プログラムでやってきたポーランドの人たちなので、Jリーグの審判ではないからよけいに話がややこしい。ポーランドの審判がみなあんな感じとは思えんし。


トップ 最新 追記
RSS feed