トップ «前日 最新 翌日» 編集
RSS feed

ただのにっき


2015-05-04(月) [長年日記]

メール通知の代わりにPushbulletを使う

使っているサーバのちょっしたステータスが変わったのを知りたかったり、毎朝念のため数値を監視してるサービスなんかがあって、cronでメールを飛ばすようにしていたのだけど、見てすぐ捨てるものばかりなのでPushbulletで代替してしまうことにした。どうせ確認するのはスマホだし。

PushbulletのAPIはシンプルだけど、もっと楽するためにgemを探すといくつか見つかるが、pushbullet gemは作りがいまいち。個人的にはruby-pushbullet gemがいい感じだったのでこれを使うことに。といってもこんな程度(pushmeコマンド):

require 'pushbullet'
Pushbullet.api_token = 'MY_API_TOKEN'
Pushbullet::Contact.me.push_note(ARGV.shift, ARGF.read)

で、こんな感じのを:

command of making status | mail -s TITLE hoge@example.com

こう置き換えた:

command of making status | pushme TITLE

(と簡単に書いているが、さくらのサーバでOpenSSLが証明書を見つけられないという問題がおきて、SSL_CERT_FILE環境変数に既存のものを指定するなどしたけどそこは略。あとさくらでruby 2.2がビルドできないのもあとまわし)

そういえばこういうの、以前(iPhoneユーザだったころ)はim.kayac.comを使ってたんだよなぁ。まだ動いてるんだろうか、あのサービス。

Tags: pushbullet
本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]
いが (2015-05-06(水) 19:18)

im.kayac.com、いま使ってますよ。毎朝私のiphoneに天気予報を通知してくれてます。:)
pushbulletも便利そう。

ただただし (2015-05-06(水) 19:47)

im.kayac、いまどきiPhoneとXMPPだけなんですねぇ……


トップ «前日 最新 翌日» 編集
RSS feed