トップ 追記
RSS feed

ただのにっき


2017-11-22(水) [長年日記]

冒険エレキテ島(2) (KCデラックス アフタヌーン)(鶴田 謙二)

1巻が出たときの日記に『過去の実績からして「2」はないんだろうなぁ』と書いておりますが、嘘だろ、出たよ。しかも6年ごしで。帯に『鶴田謙二初、「2巻」出た!』って書いてあって、出版サイドもまさか出せるとは思ってなかったっぽいのがすごい。

タイトルに「冒険」と入っているが、実のところ冒険なんてほぼなくて、というかストーリーすらほとんどなくて、主人公の「みくら」が薄着で島をウロウロするシーンがこれでもかって続くだけの「モノクロイラスト集」という解釈が正しい。

基本的に鶴田謙二は、風呂敷を取り出すのは好きだが広げるのはめっぽう下手で、畳む気などさらさらない作家である。にもかかわらず、稀に出る作品を買い求めてしまうのは、視覚を刺激し、官能を震わせるその描線に魅せられてしまったからだ。ストーリーとかいらんのよ。ドラッグみたいなものだからさ、これ。

6年かけてこれしか進まない話を、次の6年でなんとかできるとはとうてい考えられないので、当然ながら「3」はない。Amazonのレビューでも誰も続きが出るとは信じてない。そういう作家の作品である。それでいいのである。

冒険エレキテ島(1) (KCデラックス アフタヌーン)
鶴田 謙二
講談社
¥ 1,008

冒険エレキテ島(2) (KCデラックス アフタヌーン)
鶴田 謙二
講談社
¥ 1,015

そういえば、これを予約しようとしてAmazonにアクセスしたら、少し前に別の本が出ていたことを知り(あいかわらずAmazonのレコメンデーションエンジンは出来が悪い)、もちろん一緒に購入した:

デンキ ―科學処やなぎや―
鶴田 謙二
復刊ドットコム
¥ 3,024

復刊ドットコムから出た、大判、ハードカバーの贅沢本。とはいえこれもひどい商品で、薄っぺらい紙に見開きカラーイラストを載せて、同じイラストのモノトーン版にポエムを載っけてページ数を稼いだだけのシロモノ。客観的には「うわー、こんなものに3000円の値札付けて売っちゃうんだ」って思うよ。

なんでそんなものを買うんだと聞かれても、理由は上に書いたとおりである。幻の作品が手元に残るんだよ、買うに決まってんだろ、バカめ。

Tags: book

2017-11-18(土) [長年日記]

川崎 1-0 G大阪@等々力陸上競技場

いつものバック2Fから

残り3節、負けたらそこで鹿島の優勝が決まってしまうという正念場……なんだけど(ご存知かと思いますがうちはいつもどおり2位です)、午前中の通院が長引いて、スタジアムに入れたのは前半もなかばを過ぎてから。試合は動いてなくてホッとしたけど、とっとと先制してリードしてくれててもよかったのよ?

シュート数25対1(!)というstatsを見ればわかるように、今日はG大阪のGK東口がとんでもない好セーブの連発で、とにかく打てども打てども入らない、なかなか心臓に悪い試合だった。内容はよかったし、雨の中みんなよく走ってはいたんだが。

それでもなんとか終了間際(またか)にエウシーニョがぶち込んでくれて辛勝。はー、やれやれ。といっても次節、柏が鹿島に勝ってくれないといかんわけですが。他力本願じゃダメなんだよなー。こっちの相手も浦和だし。厳しいのぅ。

なお、話題のグルージャ盛岡のマスコット「キヅール」が来場していたんだけど、試合開始前にはピッチにいたそうだがハーフタイムは雨なので出てこれず*1、メインスタンド上層のデッキで踊っているのを眺めるだけだった。写真もなし。残念。

Tags: frontale

*1 折り鶴は紙製だから濡れたら破れちゃうもんねぇ。いや、本当に紙でできてるかどうか知らないけど。


2017-11-12(日) [長年日記]

「THE IDOLM@STER MILLION LIVE! M@STER SPARKLE 02,03発売記念イベント」へ行ってきた

会場となった横浜ベイホールの入口

2014年のLTH03,042015年のLTD02に続いて、またもやリリイベに当選してしまった。CD積んでるわけでもないのになんか申しわけない*1。しかも今回、天ちゃん出ないしな。

場所は横浜ベイホール。初めて行くけど、SideMのアニメ2話で315プロ所属になったJupiterがライブをやったところなのでよく知っています(なわけない)。「ステージ前の柱が邪魔」というネガティブな事前情報しか入ってこない(笑)。でも今回は整理番号160番なので、かなり前方に出られるはず。17:30の集合時間よりだいぶ前に着いてしまったが、待ってるうちに昼の部の人たちが出てきても、周囲は倉庫ばっかりで誰がいるのかもわからんくらいあたりは暗い。とにかく「横浜」という名前の印象からはほど遠い辺鄙な場所だ。

本人確認のあと中に入って、とりあえず上着をロッカーにしまい、のんびり会場に入っても問題の柱の間あたり。最前から6列分くらいかなぁ。これはいいポジションだ。近い近い。もっともステージは低いので、足の方まではあまり見えない。ライブハウスといっても、もうちょっとステージ高めに作っていいと思うんだけど。

リリイベいつもどおりのパターンで前半はトークコーナー。まずはそれぞれのソロ曲について語るコーナーで、昼の部3人、夜の部3人で分担されてて、今回はMachico、べーせん、こーりー。

  • Machico「翼らしくするために元の曲から1.5音キーを上げて録った。高すぎたけどがんばった」
  • べーせん「(えいちPが)決められないので2曲の中から選んでと言われて『Only One Second』を選んだ。もう1曲はロボットアニメのOPみたいな曲だった」
  • こーりー「歌い出しの部分は、レコーディングに用意された2日のうち、練習用の初日の最初のテイクが使われて、歌織の初々しい部分が出ている」

……という秘話が語られた。うへぇ、どれも秘話中の秘話っぽくて面白い!

トーク後半はいつもの大喜利的なコーナーだったけど、わりとすべってたというか空振り的な感じだった(笑)。ぜんぶ収録秘話でもいいのに、どうしてもこういうことをやりたがるんだよなぁ、アイマスは。いや、いい意味で伝統なのでかまわんけどさ。

後半はもちろんライブコーナー。LTDでは4曲しかやらなくて寂しい感じだったが、今回は全員ソロ曲+Brand New Theater!の計7曲。嬉しいですなぁ。

「ロケットスター☆」トップバッターにふさわしい盛り上がり曲。というか今回はアップテンポな曲が5曲もあるけど、その中でもダントツにテンションの上がる曲。あいかわらずのジェットエンジンのようなハイトーンで空気を切り裂くMachico、最高です。

「プリンセス・アラモード」リズムの変化が難しい曲だけど、諏訪ちゃんさすがの安定感。個人的に髪を切ってからの諏訪ちゃんすっごくきれいになったのでけっこう目で追ってしまう。BNTの最中に2回は目が合ったね。合った合った(再発)。

「HOME RUN SONG」間奏のバッティングのフォームがずいぶん様になっていて、かなり練習したんだろうなーと感じたが、その後本人もそう言っていた。練習するのそこかよ(笑)。でも昴らしくていい曲。

「満腹至極フルコォス」トークパートの切り盛りもやっていたぜっきー*2、この新曲も息継ぎポイントがぜんぜんなくてすげー大変そう。なのでまだぜんぜんモノにできてる感じはないが、それは今後の伸びが楽しみという意味でもある。なお終盤の「醤醤醤醤……」の部分はおれらが歌うパートみたいです。覚えましょう。

「Only One Second」紗代子が歌う初めてのアップテンポなソロということで、べーせんも気合いが入っているようで、すっげー気持ちよさそうに歌っていた。もちろん例の歌唱力はフルパワーなので、まったくもって申し分ない。

「ハミングロード」本日唯一のバラード枠。照明もシンプルなスポットで、神々しさと初々しさが同居する清いステージ。先日の中野サンプラザ(MEG@TON VOICE!)と同様、序盤は固いがだんだんエンジンがかかる感じで、声ののびがどんどん良くなっていくのが面白い。最初から全開になる日が楽しみ。

THE IDOLM@STER MILLION LIVE! M@STER SPARKLE 02 (特典なし)
北沢志保(CV.北沢志保)/永吉昴(CV.斉藤佑圭)/徳川まつり(CV.諏訪彩花)/春日未来(CV.山崎はるか)/桜守歌織(CV.香里有佐)
ランティス
¥ 2,059

THE IDOLM@STER MILLION LIVE! M@STER SPARKLE 03 (特典なし)
未定
ランティス
¥ 2,059

入場待ちから3.5時間くらい立ちっぱなしなのがミリオンのリリイベのつらいところなんだけど、それでも、普段は大きな会場で豆粒みたいなキャスト陣を眺めるしかないのに比べれば、手を伸ばせば届きそうな距離で生歌を聴けるのはかなり貴重。機会があればまた参加したい。

とはいえやっぱりつらいので、帰りは(行きも)最寄りの停留所からバスに乗った。ほとんどのPたちは歩いて中華街駅まで行ったようだ。ミリオンのPは若いからなー。

*1 こっちに出てこられない地方Pのシリアルを譲り受けたりはしているけど、それでも1、2枚分程度である。

*2 この顔ぶれなら他にいないのはおわかりであろう。なお信号機の一角であるMachicoは寝起き(!?)のためMC冒頭からかなりポンコツであった。


トップ 追記
RSS feed