トップ 追記
RSS feed

ただのにっき


2020-02-11(火) [長年日記]

大江戸Ruby会議08へ行ってきた

[写真]浅草寺

The RubyKaigiに行かなくなってしまってから(いまの仕事がrubyあんまり関係ない)、RubyKaigiと名のつくイベントはほぼ大江戸だけの参加になってしまった。ちなみに不定期なので前回は2018年の秋だった。そうか、2019年はなかったのか。

今回も「生活発表会」ということで、rubyぜんぜん関係ない話も少なからずあったのだけど、おれの中で大江戸はエンターテイメントショー的な扱いなので(なんだそれは)、それはそれで良いのだった。ruby関係ない系としては、日本で暮らす外国人が出会う例外の話や(例外名がちょっとrubyと関係ある)、スタートアップにおけるStock Optionの話(国際交流の多いAsakusa.rbではわりと身近な話題)あたりが面白かった。

プログラムにあった「くノ一Talk」ってのがなんじゃらほいと思っていたんだが、Rails Girls関係の女性たちによるパネル企画だった。これは面白かったね。やっぱ女性はネットワークを作るのが上手いなとか(これに熱意が加わるんだからそりゃ最高ですよ)、それでも大事なことは飲み会で決まるんだなとか。

もちろんruby関係ある話も面白いものばかりだったし、2000年代以前の昔話がけっこう出てきて懐かしさMAXだったりしたのだけど、朝寝坊してしまって序盤にあったしおいさんのRackの話が聞けなかったのが残念至極だった。


2020-02-07(金) [長年日記]

デレステイベントLIVE Groove Dance burst 「Unlock Starbeat」

[スクリーンショット]17704位 40033pt

MVでアイドルたちがvバンドを組んで、ちゃんと楽器を演奏しているからひっくり返った。しかもアイドルの身長に合わせて楽器のサイズが変わったり、なつきちはちゃんと左利き用のギターだったり、指の動きも正確だったり、めっちゃこだわってる! ニコ生とかでいろいろ予告したりPVを小出しにするミリシタと違って、デレステはこういうのをいきなり放り込んでくるからビビる。とはいえ、来週の大阪でキャストたちが実際に楽器演奏をするわけではないんだろうけど(ライブは作曲陣を中心とする"アイマスバンド"が演ることが決まっている)。

衣装が固定なのは楽器と干渉しない唯一の全体衣装なんだろうなぁ、これ。ライブ後は専用衣装にならないかしら。

譜面はLv26ながらもうひと息でフルコンできそうな難易度。いつか偶然フルコンできる日が来るかもなぁ……とか言ってたら、イベント2日目で早くもフルコンできた! イベント中にLv26をフルコンするの、初めてかも。それにしても、輝子はなんてこんなイケボが出せるのか。

コミュはうーん……近年のデレステにしては悪くないんだけど(千夜ちゃんかわいいですね)、切れて当然の弦楽器の弦が切れたくらいでわたわたするような苦しまぎれのシナリオはちょっとなー。そもそもトレーナーもいないでどうやって上達するのか。無理がありすぎる。


2020-02-06(木) [長年日記]

WSLでWindows10標準のssh-agentを使うようにした

Windowsネイティブ側とWSL側でssh鍵を共有するのに、2年前からPuTTY付属のpageantをweasel-pageantを経由してWSLから利用するようにしていたんだけど、「そういえば最近のWindowsにはOpenSSHが標準でインストールされてるんじゃなかったっけ?」と思っていろいろ調べた。

まず、Windows/System32/OpeSSHの下に、ssh関連のバイナリが全部入ってる。もちろんssh-agentも。しかもこのssh-agent、ちゃんとWindows Serviceとして動作するので(サービスから「OpenSSH Authentication Agent」を有効にしてやる必要がある)、自動起動するようにしてやれば良い。あとはssh-addしてやればパスフレーズも覚えてくれる。

あとはWSLとの連携だが、もちろん誰かが作っているわけです、rupor-github/wsl-ssh-agent。実はこの前にssh-agent-wslという実装を使っていたんだけど、新しいWSLの仕組みを使ってもっと簡便にした同じ作者のwsl-ssh-agentが出たので移ったのだ。ググると古いssh-agent-wslの解説記事がいっぱいひっかかるので、騙されてはいけない。

あとはREADMEのとおりに

  • Windows側で-socketオプションをつけて起動(ショートカットにしてStartupに入れておく)
  • WSL側でSSH_AUTH_SOCK環境変数に上の-socketオプションに指定したファイルを(WSL向けにパスを変換して)指定(.profileなりに書いておく)

で普通に使えるようになる。めでたしめでたし。これで長年世話になったPuTTYとついに決別できた。pageantのためだけに残してあったもんなー。

……と喜んでいたけど、WSL2になったらまた仕組みが変わっていろいろ変更するはめになるんですかね? まぁいいか。

Tags: wsl

トップ 追記
RSS feed