トップ 追記
RSS feed

ただのにっき


2020-07-30(木) [長年日記]

映画「LITTLE WOMEN」を観てきた

邦題は「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」だそうです(ため息)。かなり美しい絵作りの映画だったのに、この邦題じゃまるでクソダサB級映画じゃねーの。

[写真]イオンシネマ座間のロビー

かみさんが観たいと言ってた映画が今日までとのことだったので、仕事を少し早めに切り上げてイオンシネマ座間へ。このコロナ禍まっただ中にオープンした、というか当初のオープン予定からはだいぶ遅れたと思うけど、すでに開業後しばらくたっている、はず。我が家からがんばれば歩いて行ける、これまでの生涯でもっとも近所にできた映画館だ。イオンモールの中にできたと聞いたときはあの建物のどこにそんなスペースが!? と疑問だったのだが、なんと別に建てた平屋のシネコンだった。なんて贅沢な。

広々としたロビーは平日なので客も数人しかおらず、宣伝映像もポスターもほとんどなく(なんで?)、なんとも殺風景なのだった。この時節、映画館経営は大変だと思うけどがんばってほしい……。なお座席は1つおき、チケットもぎりの前に体温測定。このスマホっぽい体温測定とマスク着用チェックをする端末、一昨日行った日帰り温泉でも導入されていたな。こういうところだけ儲かってる感がある。


「若草物語」を読んだことがあるかというとだいぶ記憶が怪しくて、読んだ覚えはあるがマンガや子供向け抄訳かも知れず、少なくとも下巻はちゃんと読んでない気がする。そこに「ガラスの仮面」の記憶がおおいかぶさるものだから、だいたい猩紅熱のエピソードだけが印象に残っているのだ*1。なのでどれくらい原作に忠実な映画化なのかはまったく判断できない。

少女時代を断片的に振り返る構成になっていて、そこは原作と違うのはわかる。おかげでかなり時制が入り乱れるからときおり理解が追いつかなくなることがあるが、なんとなく着ている服から時代がわかるなぁと気づいてからはわかりやすくなった。

アカデミー賞で衣装デザインを獲ったくらいだから衣装がどれも素敵で、観ていて楽しかった。4姉妹にキャラカラーの設定があるあたりは、アニメやゲームでおなじみな感じでちょっと面白い。あとローリーの着ているシャツがいちいち軽薄なところとか。

主役たるジョーとその相方ローリーの演技は素晴らしかったが、それ以上にベスの死期を悟ったゆえの覚悟の眼力が印象に残っている。そして「エマ・ワトソンもう30歳マジで!?」。

全体としては、佳作だけど傑作ではないかなぁというところ(アカデミー賞も衣装以外は獲れなかったようだし)。女性の権利(と経済)に関する主張が強めだったけど、これが原作の「解釈」によるものなのかどうかは、先に述べたとおり判断できない。あとで青空文庫でも読むとしよう。

Tags: movie

*1 その上「赤毛のアン」ではアンが大人の手を借りることなく猩紅熱に勝利するエピソードがあるのでさらに記憶がややこしくなる。


2020-07-28(火) [長年日記]

数ヶ月ぶりに日帰り温泉へ行ってみた

東京はあいかわらず(というか最近とみに)感染者が多く出ているものの、うちの近隣は最近あまり出ていないし、サービス業側にもソーシャルディスタンスを確保する定番手法が定着してきているので、頻繁でなければいろいろ出歩いても良さそうだ……というか、閉じこもってばかりではさすがにストレスが溜まるので……ということで、行きつけの日帰り温泉へ数ヶ月ぶりに行ってみることにした。平日に仕事が終わってから行けるのもWFHのいいところ。

平日だからなのか、こういうご時世だからなのか不明だが、駐車場からしてスカスカで、店内もだいぶ空いている。いつも混雑する週末にしか来てなかったからかなり新鮮。カウンターにビニールカーテン、手指消毒用のアルコールスプレーなども完備、マスクを着用していない or 熱のある客は拒否という体制で、わりと安心できる感じ。

閉鎖されている施設内サービスもいくつかあって、体験的にはかなり下がっているんだけど*1、温泉はコロナ禍関係なく湧き続けているわけで、風呂に入るぶんにはなんの違いもない。洗い場も空いてるし。これは定期的に通っても問題なさそう。湯船で大声で喋りまくる若造とかは、まぁ、いるんだけど。そういう輩は温泉に限らずいるからなぁ。

Tags: wfh

*1 マッサージチェアはなぜか使えた。謎だ。使わなかったけど。

関連する日記: 2020-07-30(木)

2020-07-26(日) [長年日記]

川崎 3-1 湘南@等々力陸上競技場

[写真]メイン2Fアウェイ側から

引き続き5000人リミットで早いもの勝ちチケット販売という狭き門のJ1だが、30分くらい粘ると購入されそこなったチケットがポロッと出るのでなんとか買えたりする。らしい。というわけで今節も買えました。かみさんとはまた1ブロックほど離れた席になってしまったが。いつものメイン2F……なんだけど、今回は反対側のアウェイ側の端の端。うーん、Physical Distance (ピッチが遠い)。

湘南は、攻撃はたまに長いボールを裏に出すくらいで、けっこうがっちり守ってくる典型的な対川崎シフトなので、いつものパスサッカーではなかかな崩せない。復帰後2試合続けて2得点の悠様を先発に出していながら前半はゼロ。そうこうする間に後半すぐに失点してしまう。

こうなると、ドリブルでむりやりこじ開けるようなタイプの選手が欲しいとなぁ……とか考えていたら、まさにそんな感じでダダダン! と3点取って勝ってしまった*1。いやー、強い。再開後は全勝だよ。得失点差も異常な数字になってるし(いま14点だったか?)。

ところで夕飯はいつものようにフロンパークでカレーでも買って食べようと思っていたけど、そのフロンパークに出ている店が通常の数分の一で(そりゃそうだ!)、しかたなく選んだタコライスが美味かったという。いつも同じもの食べてちゃダメってことだよなぁ。

Tags: frontale

*1 1点目はトイレに立ってる間に入ってしまったので見てないんだけど(笑)。

アイマス15周年おめでとう!

アイマス15thキービジュアル第3弾

本日、アイマスの記念すべき15周年その日で、たぶんこれに合わせてリアルイベントなんかが計画されていたんじゃないかと思うんだけど(とりあえず来週末には765ASの単独ライブだったはずだ。幻になったけどな!)、その代わりに公式が打ち出して来たのが、土曜と日曜にそれぞれ「だいたい15時間*1」の生配信をやっていた。開設したばかりのYouTubeチャンネルのこけら落としとして、昨日は朝7時に、今朝は6時(!)にガミPによる「朝礼」を皮切りにして、765ASのアニメ全編、MoIW2014と2015、さらにSideMとシャニの1stライブを、惜しげもなく放送してくれやがったのである。

何もなければずーーーーーっとPCの前に張り付いていたかったんだけど、今日は試合があるのでそうもいかず、スマホでちょいちょいつまみ食いしながらの視聴になった。そのたびに感動してポロポロ泣いてるんだからしょうもない。脱水症状になるかと思った。

その間にもTwitterでは大勢のキャスト陣が当時の裏話みたいなものをつぶやくものだから、忙しいったらありゃしない。とくにオーディション裏話みたいなのがけっこう投下されて面白かった。

若い子たちにとって、声優を意識したときにはすでにアイマスはビッグコンテンツになっていたから*2、「声優界の公務員」とも呼ばれるアイマスに入るために、アイマス声優を多く排出している事務所選びから始めてるってぇんだから、ものすごく戦略的。そんなわけだから歌やダンスもきちんと履修しているわけで、そりゃ即戦力ばっかり入ってくるわけだよ! にもかかわらず、始祖たる765ASの面々はオーラをまったく失わず、若手をよせつけないんだから、やっぱりすごいよなぁ。

深夜には各チームの「赤」と+1人を勢揃いさせての生配信があって(そしてとうとう日付をまたぐ)、15年のふりかえりや記念V、商品の公開、新発表の数々でもうお腹いっぱい。ほんとこの10数年、途切れなく最高級の楽しみを提供し続け、人生に彩りを与えてくれたのには感謝しかない。ライブはしばらくできそうにないけど、これからもがんばってプロデュースしていくよ!

Tags: idolm@ster

*1 実際はそれぞれ2時間と3時間ずつ「残業」になっている。例によって。

*2 そろそろアイマス始動時には生まれてなかった世代が入ってくるころ


トップ 追記
RSS feed