トップ «前日 最新 翌日» 編集
RSS feed

ただのにっき


2021-06-09(水) [長年日記]

【天皇杯】川崎 1[4-3]1 長野@等々力陸上競技場

[写真]KO 18:00なので平日だけどだいぶ日が高い

代表戦が集中して行われている月間なのでリーグ戦がなくて、合間を埋めるように天皇杯が行われている。裏で代表戦があるということは、リーグチャンピオンの川崎からはかなりの人数の主力が引っこ抜かれているということで*1、ベンチに入っている顔ぶれも普段とはだいぶ違う。

それでもさすがにJ3のチームにやられることはないでしょ、と油断していたのはサポーターだけでなくコーチも選手や同じだったんじゃないかと思われるのだけど、AC長野パルセイロはびっくりするほどいいチームだった。高い位置から躊躇なくプレスしてくる、守るときは全員で守る。なによりGKが良くて、打っても打っても入らない。

いまの川崎と互角に渡り合うにはこれしかないという正統派の戦法で、でもそれをやりきるのは実に難しいはずなのに、主力を欠いてるとはいえ他のメンツは普段のスタメンと変わらない川崎相手に先制して終了間際までリードを保つなんて。なんでJ3にいるの、というかJ1の他のチームはいったいなにをやってるの……という気分。

そんなわけで「J1王者、天皇杯2回戦で敗退」という見出しを覚悟した後半アディショナルタイムに橘田の同点ゴールでなんとか追いつき、延長でも決着がつかず、PK戦へ。ここにきてようやくJ3らしいメンタルの弱さが出てくれた感じで、ソンリョンの正面に蹴りこむ選手が続いて勝負あり。いやでも、PKは互角の証明だからなー、まじすごいわ。ピッチを去る長野の選手たちへのスタンディングオベーションは、川崎サポの偽らざる賞賛だったと思う。今度はJ1の舞台でやりたいですね。

なお他の試合もかなり番狂わせがあったらしく、今年の天皇杯は荒れそうだ。

Tags: frontale

*1 今回はA代表に2人、オリンピック代表に3人の計5人が招集されている。


トップ «前日 最新 翌日» 編集
RSS feed