トップ 最新 追記
RSS feed

ただのにっき


2020-09-09(水) [長年日記]

川崎 3-2 神戸@等々力陸上競技場

[写真]メイン北側1F下層より

一番暑かった頃に比べるとだいぶしのぎやすくなったかな、今日は風もあるし……でもまだまだ暑い。スタジアムに着いたらフロンパークがもぬけの殻で、いったいなにごとかと思ったら、建設中だった野球場の囲いがとれて、スタジアム正面に大きなスペースができたためそっちに屋台を移したようだ。今後もこうするのかわからないけど、ごった返した狭い通路を人をかき分けて歩く苦労はもうしなくて良さそう。

今回確保できたのは前回よりもやや内側上段で、ちっとは見やすくなったかな。ここはゴールした選手がパフォーマンスしにくるので良席ではある(伏線)。

3週続けてあった神戸戦も今日でラスト。またバカ勝ちして(最近大差で勝ってばかりなのである)、いい感じで夏を締めくくりたいですな! とか言ってたら、開始8分でPKもらって悠さまがゴール。幸先良い。

もっとも今日は神戸もなかなか良くて、うちはボールをキープできないし、DF裏に出されたボールをうまく処理できずにゴール前まで運ばれることが多い。とか言ってたらまさにそういう流れで同点に追いつかれて、後半には逆転も許してしまう。

うーん、これはあんまりいい雰囲気ではないなーと不安になったところでまたPKをもらって今度はダミアンがゴール。目の前でヒゲのパフォーマンス。終了近くには宮代の追加点でなんとか勝利。ちょっと危なかったし、点差も小さいけど勝ちは勝ちだ。

Tags: frontale

2020-09-07(月) [長年日記]

グスタフ、飼い猫になって11年になる

[写真]人間の座椅子を専有(ドヤ)

庭でグスタフを保護してから11年目。この夏はグスタフにしてみれば最高に幸福な夏だったんじゃないかなぁ。だって、甘えたいと思ったら即、おれの上に飛び乗れる、それも毎日いつでもだ。それに日が暮れる前に散歩へ行ける。飼い猫冥利につきますなぁ。もし通勤・出社が復活したら、一番がっかりするのはおれじゃなくてグスタフかも。

Tags: gustav

2020-09-06(日) [長年日記]

CINDERELLA GIRLS LIVE Broadcast 24magic (続き)

5:45ごろにアラームをかけて起床。うーむ、3時間ちょっとしか眠れんかった。で、その直後にアイドルたちとラジオ体操である。しかも第一と第二。ラジオ体操なんて数十年ぶりでは……? まぁおかげで目は覚めた。関節がゴリゴリいったけど。これは本当に毎朝やった方がいいかも知れん。Pも高齢化が進んでいるしな。おれら、キングの還暦までライブに通わないといけないんだから。

Tシャツ畳み競争(?)とかを見てから、ゲロゲロアイドルキッチン。メンバにさーやんが入っているというだけでもう「大坪社長、ご愁傷様です」という感じ。とはいえ2人ペアで料理したからか、少なくとも見た目はわりとまともな料理ができあがる。電子レンジで(見た目は)きれいなオムレツが作れるとは知らんかった。まぁ手順からしてグダグダで、味付けも雑なので食べられたものではなかったようだが、下馬評通りといえばそのとおり。

デレパのようでデレパでない番組や、いくつかの収録済み番組なんかを挟みつつ、フィナーレ直前の「IDOL FAIR」が本日の白眉。名前のとおり、老舗音楽番組「MUSIC FAIR」のパロディだが、ここでも昨日同様にARテクノロジが投入されたのだ。これがもう、昨日よりさらにすごい。

[スクリーンショット]O-Ku-Ri-Mo-No Sundayを歌うmiroirの2人とバーチャルセット

昨夜は電飾系だけだったのが、今日はセットまるごとバーチャル。しかも、デレステのMVに可能な限り似せてある! miroirがあの家の中で歌ってるし、ヒーローバーサスは採石場で戦ってる! 最高かよ……こんな夢みたいなものタダで見せてもらっていいんですか……。

これがどれだけ重要なできごとなのか、整理すると、

  • MR: アイドルをゲーム世界から現実世界に連れてくる技術
  • VR: おれらがゲームの世界に行く技術 (1st person)
  • AR: キャストがゲームの世界に行く技術 (3rd person)

アイマスのアイドルはゲームの世界にいるんだから、MRとVRさえ実現すれば良くて、声優の存在はだんだんと消えていくのでは? という認識が、今回のAR追加で覆ったのよ。いまやキャラと声優は一心同体、切っても切れない関係にあるアイマスにおいて、声優たちをちゃんとゲームの世界に連れていくことで、どれだけこの世界の強度が増すのか、いままで想像したこともなかった。それを心の準備なくいきなり実現されてしまったのだから、もう仰天どころの騒ぎじゃない。

つーかさ、おれの担当アイドル、かわいかろう? 2人が着ているのはスターリースカイ・ブライトで、これがまたかわいくて似合っていて嬉しい。ここのところスターリースカイ・ブライト「新人ちゃんに最初に着せてあげる衣装」として定着していて、デレステ最初の衣装というだけでなく「ティアラがある」ってところが重要なのだ。本来的には2人も昨年着ているはずだったのだが、miroirとVelvetRoseは出自が特殊でまだ着てなかったんだよね。今回もVelvetRoseはネクスト・フロンティアだったけど、曲調に合わせればこれしかないのでしょうがない。

衣装といえば、他のユニットは別の周年衣装を着ていることから、この放送がいわば「SS5A」に相当するものだというのが明らかになったので、コロナに対する恨みはさらにつのる。が、そのおかげでこんなテクノロジに接することができてわけで、不幸中の幸いも極まれりだ。ところどころ荒削りなところはあるものの、それとて「まだテストも済んでいません!」「実戦でテストすればいいだろ!」みたいなやりとりが目に浮かぶ(アニメの見すぎである)。

IDOL FAIRはARステージだけでなく、大阪公演でもお世話になったシンデレラバンドによるアレンジ楽曲の生演奏。オレサファのラテンアレンジとか、手振りだけでがっつり踊らないのはキャストの負担減もあるだろうが、それがかえってカジュアルな雰囲気を作っていてよかったなぁ。

シンデレラバンドは昨夜「朝9時までにおねシンのゴージャス・トロピカルアレンジを作ってレコーディングせよ」という無茶ぶりがされて、きっちりこなすというおまけ付き、本当にお疲れさまだ。楽しそうだったけど。おねシンはさらに新しいダンスをつけて今日のキャスト陣が覚えてエンディングで披露するところまでやってのけたんだから、この24時間生放送、リアルタイム性を活かしに活かしたとんでも番組だったよ。これぞアイマス!


トップ 最新 追記
RSS feed