トップ 追記
RSS feed

ただのにっき


2018-02-08(木) [長年日記]

シアターに琴葉が帰ってきた

ゆうべは寝る前に日付が変わってしまったので、ログインボーナスだけ回収しておくか……とミリシタを立ち上げたら、いきなり見慣れないコミュが始まって。この背景、見覚えあるけどなんだっけ*1、とか思い出す間もなくエレナと恵美が登場して、すぐにピンときた。ミリシタからの新参Pならいざしらず、この2人が出てきたら、次に誰が登場するかわからんミリオンPは皆無だろう。次の瞬間には視界がぼやけていた。

待ちに待ってたこの日が、ついに来たんだねぇ。本当に来たんだねぇ……。うえーん。

今日が2018年の39日目だとか、あと39日でグリマスが終了するとか、本当か偶然かわからん一致があるみたいだけど、もしそうだとしても、ターゲットに合わせてトラブルなく各種イベントをこなしてきた運営は本当に有能だ。UI設計のセンスはないが(何度でも言うぞ)。

そのあとは、いつものようにシアターに入れば琴葉が出迎えてくれるし、今日のミッションが「Blue Symphony」だとか、とにかく琴葉づくし。一方、オリジナルユニットを編成できる新機能なんかをアナウンスする美咲は、琴葉のことにはいっさい触れないのだ。アナウンスはお知らせにてガミP名義で行われるというメタっぷり。つまり琴葉はずっとシアターにいたのだから、作品世界ではわざわざ触れるようなことではないという設定。

おれももういい歳なので、物語世界にすっと入るよりはメタな世界を見回したくなってしまうのが常だ。運営が、琴葉をどう扱うか、これは相当難しいジャッジだったと思う。今回のように「まるで最初からいたかのように扱う」か「遅れてきたアイドルが鳴り物入りで合流する」か、これは究極の選択だ。

ミリシタからの新規ユーザに対しては、どこの誰だか知りもしない田中琴葉をちゃんと新人として扱ってあげないと不親切だし、そういう扱いをすればいろいろスムーズで楽だろう。しかし運営はあえて難しい方を選んだ。描かれなかったこの数ヶ月を遡って用意して*2、その上で他のアイドルと同様の情報を与えて新規Pへのフォローも入れる。もちろん琴葉のことはネットで調べればいろいろわかる、そもそも古参Pたちが放っておかないという目論見もあるだろうけど、冒険だよなぁ。よく決断したよねぇ。

もちろんこの流れは先日の琴葉の誕生日にホワイトボードがしれっと描かれていたことから予想はついていたけれど、それでも時系列をねじ曲げてでも「最初から39人が揃っていました」という体にする豪腕っぷりには、(少し呆れつつも)賞賛を贈りたい。あー、この感じだとすぐにSSRが来て、さらに次のイベントはジレハだよねぇ。wktkが止まらん(←実はけっこう琴葉好き)。

しっかし、シャイニーカラーズの発表があったその日の深夜にこんな爆弾を投下するとか、まるで千川ちひろじゃねーか(ってみんな言ってたw)。相乗効果というより仁義なき潰し合いみたいでひでえよな。いや、けなしてるわけではない、むしろ面白がっているんだけど(笑)。ゆうべはデレパとアイステもあったわけで、一日に公式からいくつも話題が発生するアイマスは本当に豊穣で、豊穣すぎてクラクラするよ。楽しいねぇ。

*1 ミリオン4周年記念PVでTSVの3人がショッピングをしていたところ。琴葉が無言でも不自然にならない超絶アクロバティックシナリオがみどころ。

*2 クリスマスや誕生日などのイベントコミュもちゃんと追加されている。

デレステイベントLive Parade 「ALWAYS」

24032pt 1046442人

次にLive Paradeが来たら、目標はただひとつ「全エリア制覇」だったわけだが、今回の最後に残ったEx岡山エリアは、Lv26の曲を少なくとも一回はフルコンしなくてはならないのがハードル。なにしろ現時点でフルコンできるLv26の曲なんて一個もないのである。

これには前回の学習で、狙うなら「Sweet Witches' Night」しかないとわかっていたので、とにかくそればっかりやっていた。もちろんユニットにはオーバーロードを2枚。これでなんとかフルコンを一回できて、めでたく目標達成。ただ、次回もできるか自信がない(笑)。

あと、今回は「always」のMasterを初見でフルコンするというおまけも。Lv25ながら、Masterの初見フルコンは初めてなので嬉しかった。ちょっとずつ腕前があがっているな。そういうところが見えるLive Paradeは、歯ごたえがあるけどやっぱゲームとしては一番好きなイベントだ。

なおコミュはまだぜんぜん見てないのでこれから。この総選挙の上位かつ新顔チームは最近ちょっと出番が多すぎるので気になるところではある。さすがにそろそろ打ち止めだと思うけど。


2018-02-07(水) [長年日記]

新しいアイマス「シャイニーカラーズ」が発表された

バンナムがドリコムと共同出資で作ったHTML5でゲームを作る会社BXDから、以前から情報が小出しにされていた新しいアイマスの発表があったので、ニコ生でリアルタイム視聴。

HTML5で……というのは、AppleやGoogleの支配からの離脱を目論むビジネス的な要請が先にあってのものだろうけど、性能出せるのかねぇ……という心配があったのだが、ゲームの中身はまるでアケマス。他のスマホゲームよりはずっとシミュレーション寄りでちょっとびっくりした。まぁ性能的に音ゲーは無理だったんだろうと思うけど、自分はアケマスや初代箱◯版はプレイしてないので、育成シミュレーションという古い酒を新しい革袋で遊べるのはちょっと嬉しいかな。

絵柄はA-1風味ではなく、どっちかというと杏仁豆腐みがあって好み。また新人声優ばっかり起用しての十数名追加で、追いかけるのは大変だけど、イベントに追われることなくまったり遊べるならプレイしたいかなぁ(ムリムリ)。つーかいま以上にライブが増えたら破産だよ(白目)。

でもまぁ、新展開はいつだって楽しみだ。心配があるとすれば、この方向性では新規Pの獲得→市場拡大にはつながらないのでは? というところだ。他のアイマスシリーズとユーザを取り合うだけになったら誰も得をしないんだけど、そのへんのビジネスプランが(いちプロデューサとして)気になるね。ガミPもそのへんの勝算なしでゴーサインを出すほどバカじゃないとは思うのだけど。

関連する日記: 2018-02-08(木)

ミリシタイベント プラチナスターシアター「合言葉はスタートアップ!」(レジェンドデイズ)

26532pt 40001位

765ASメンバだけからなるレジェンドデイズのイベントなんてものが、こんなにはやくミリシタへ来るなんて思いもしなかったのでびっくりしたけど、コミュをみたら「Growing Storm!」の中で触れられてる先輩たちからの手紙が書かれるようすが描かれていて、むしろ「なんでもっと早くやらなかった……!!」という気分になる。

そんなわけで、グリマスがもうすぐクローズとなるいま、先輩・後輩の関係を描いたこのコミュがミリシタに実装されるのはいいことだ。新規Pに対してちゃんとこういうフォローを入れる運営は有能。あいかわらずUI設計のセンスはないけど。

なんか順位が40,001位とかもうひと息みたいなポジションだけど、もちろん50,000位より上なら何の問題もないのであった。時間のない中、けっこうがんばってるな、おれ。


2018-02-03(土) [長年日記]

初詣には遅いが江ノ島へ

触らせてくれる猫

例年だと正月に行くんだけど、今年は休みが短かったり、そのあとすぐにインフルエンザにかかったりして行けずにいた江ノ島へようやく行ってきた。

洞窟入り口への階段が壊れて立入禁止

いつものように遊覧船で裏側に上陸。前日になって今日は節分だから豆まきをやってると知り、混んでたらどうしようと尻込みしたが(豆まきに参加しよう、とはあまりならない)、こっち側まではあまり人は来ていない感じで、むしろ空いてる(正月と比べればあたりまえだが)。

びっくりしたのが、昨年の台風がかなりひどい爪痕を残していて、岩屋洞窟にあがる階段なんて写真のありさまである。台風でここまで壊れるのか……。もちろん洞窟は立入禁止。

しらす丼(釜揚げ)

山を途中まであがってしらす丼(禁漁期なのでもちろん釜揚げ)。いつも(山登りに疲れて)最初に目に入った店に入ってしまうのだが、他にも何軒かあるので、次回覚えていたら別の店にも入ろう。

そこそこの人出の山を上って下り、終盤にさしかかっている豆まきを横目に眺めつつ(笑)、道をそれて児玉神社へ。このルートはほぼ人がいなくなって江ノ島の喧騒から遠ざかる。すると頭上を野生の鳶がかすめ飛び、木の幹を野生のリスが駆け上がり、山肌を野生のイエネコが走り去ったりするのである。ここだけちょっと別世界で楽しい。

改修中の児玉神社本殿

そんなこんなで児玉神社に到着すると、なんと本殿がない! 台風の被害がこんなところにも!! ……と思って社務所の人に聞いてみたら、こっちは単に100年たったので計画通り建て替え中なんだって。あー、びっくりした。しかし100年かー、すごいな。例の台湾こま犬はとくに変化なく。

夕日っぽく見えるけど加工である

江島神社もひととおり参拝してから、沈みつつある太陽を背に江ノ島を離脱。写真はすごく夕日っぽいけど、単にカメラがそういう加工をしただけである。

その後江ノ電で長谷まで出て、かみさんオススメのBergfeldというカフェへ。モンブランのケーキセット。紅茶がポットで出れば完璧だが、ケーキは美味い。というかこれで800円は安くない?

Bergfeldのモンブラン


トップ 追記
RSS feed