トップ «前日 最新 翌日» 編集
RSS feed

ただのにっき


2011-01-14(金) [長年日記]

異星人の郷 上 (創元SF文庫) (創元SF文庫)(マイクル・フリン/嶋田 洋一)

SFよ、私は帰ってきた!

……いやね、こないだ本屋に入ってハヤカワ文庫の棚を見たらさ、高さの異なる新旧の本が凸凹に並んでて実に悲しい気分になったんだけど、ちょうど自炊本のクオリティが不満のないレベルになってきた頃だったので「全部自炊しちゃえば高さの違いなんて気にならないじゃん!」と思ったので新刊を買ったのよ。創元文庫だけど(え?)。

で、本書がそうなんだけど、いやぁ、かなり面白かった。

ペストが猛威をふるう中世ヨーロッパ*1に異星人の宇宙船が座礁(?)したところから始まるファーストコンタクトもの。科学技術が発達した現代ではなく、キリスト教が支配する時代にファーストコンタクトがおきたらどうなるか。これだけで勝ったも同然の設定なんだけど、これに、数少ない資料から当時のようすを再構築するという現代視点のストーリーがからむ。

上下巻の上巻は、異星人と人類の交流をじっくり描く。じっくりすぎてジリジリするほどだし、現代パートが絡んでるんだか絡んでないんだかよくわからない。正直「失敗したかな」と思った。が、ファンタジー耐性の低い異星人たちが次々とキリスト教に帰依し始める中盤から、がぜん面白くなってくる。といってもギャグに走ることなく、そして言うまでもなくペストが登場することでむしろシリアス極まりない展開になり、最後は中世と現代の間で別々に展開していた物語がカチリとはまる。ああ、これがSFの快感というものですよ。

なんかね、いろいろなものが実にバランスよく配置されているのがいい。圧倒的な科学力を持つ異星人と数で勝る人類の力関係が醸しだす緊張感、インテリで自由な思想の神父と真面目で敬虔すぎる修道士の関係、理論物理学者と歴史研究者のカップル。水と油のような組み合わせが反発しつつ引き合って、物語に深みを与えている。

ひさびさに手にとったSFが「当たり」でよかったなぁ。

異星人の郷 上 (創元SF文庫) (創元SF文庫)
マイクル・フリン/嶋田 洋一
東京創元社
¥ 1,015

異星人の郷 下 (創元SF文庫) (創元SF文庫)
マイクル・フリン/嶋田 洋一
東京創元社
¥ 1,015

Tags: book

*1 SFに登場する中世ヨーロッパと言えばペストです。


トップ «前日 最新 翌日» 編集
RSS feed