トップ «前日 最新 翌日» 編集
RSS feed

ただのにっき


2019-04-04(木) [長年日記]

code-serverを使ってみている

code-serverでtDiaryのソースを開いたところ

先日買ったChromebookで開発をするにあたって、sshでVPSに入ってvimで編集……というオールドスタイルを取らざるを得なくなっていたんだけど、先月あたりからちょくちょくcode-serverというVS Codeをリモートで動かすOSSの話が聞こえてきたので、入れてみることにした。

ようするにサーバで動いているcodeをブラウザで表示するものなんだけど、code自体がElectronで書かれているからできる技なわけで、ほとんどがブラウザローカルで動くから動作自体はリモートという感じはしないくらいにキビキビ動く。

設定なんかはcode-serverを動かしているホストの「~/.local/share/code-server/User/settings.json」に保存されるので、従来ローカルで動かしていたものをそこにコピーすればそのまま使える。Microsoftのストアを直接使えないからか、拡張は動くものと動かないものがあるが*1、致命的なものはない。

ためしに自宅のWindows 10のWSLで動かして、Chromebookのブラウザから編集とかしてみたけど、ぜんぜん問題ない*2。Windows 10でWSLと協調させてcodeを使うのってけっこう面倒な上に不安定なんだけど*3、この場合は本質的なものはWSLだけで完結するからむしろ安定する。いやー、これはいいな。開発環境、全面的にこれに乗り換えてもいいくらいだ。

Tags: vscode

*1 Language Packが動かないので日本語化できない。まぁエディタなんて英語でも困ることはないが。あとBracket Pair Colorizerがなぜか効いてないのはちとつらいかな。

*2 普段Windowsで使っているMyricaM Mフォントはないので追加でmonospaceを加えた程度。サーバもクライアントもLinuxベースだけどどこにもピュアなLinuxがないの、ちょっと倒錯した感があって良い(笑)。

*3 とくにcodeからWSL上のgitを使おうとすると困ることが多い。


トップ «前日 最新 翌日» 編集
RSS feed