トップ «前日 最新 翌日» 編集
RSS feed

ただのにっき


2008-03-15(土) [長年日記]

BMW純正ナビをR1200GSに取り付け

あなたは、地図を見ずに勘で曲がった方向が、実は行きたい方角と正反対だったという経験はないだろうか。おれはしょっちゅうある。というかむしろそれがデフォルト。街を歩いていても、今進んでいる方向がどっちだったかすぐに見失うので、片時も地図を手放せない。こんな方向音痴がツーリングを趣味としているのだから、不幸としか言いようがない。よくぞ今まで、行き倒れにならなかったものだ。

そんなわけだから、カーナビを付けるときはできるだけ高性能なものにしようと決心していたのだ。機械の性能の低さを人間が勘で補うようなシチュエーションはあり得ないのである。だから、工賃込みで10万円オーバーというのは、おれにとってはちっとも高くない。

こんな感じに取り付け 先週注文した、BMW純正ナビが届いたので、取り付けに行ってきた。GSの場合はハンドルクランプと友締めになって、メーターの下に見える形になる。Garmin zumoの汎用マウントはかなり大振りらしいが、BMWは各車種用に専用のマウントがあるので、すっきりしている。本体カラーもマットブラックで車体から浮いてない。

いちおう盗難防止用に専用工具がないと外せないようにする仕掛けがあるが、本体上端にあるレバーを引くだけのワンタッチで本体だけ外れるので、バイクを離れる時は本体だけパニアケースに放り込んでおけば良いだろう。常時パニアが付いているBMWならではの運用。

もちろん防水。それもかなりの防水性能らしいので、カウルの内側のこの位置なら雨に負けることはまずなさそう。

こんな感じに見える すっきりしているとは言え、けっこう飛び出しているので、走っているとメーターよりもナビの方を見てしまう。まぁ、じきに慣れるだろう。自車位置を示すアイコンはバイクになってるのが気が利いてる。

バイク用のBluetoothヘッドセットは2〜3万円と、ちょっと高すぎるように思ったので(こういうところはケチる)、しばらくは有線で使うことにした。いつもiPodで使っているヘッドフォンを延長ケーブルでマウントにある端子へ接続。最初、ぜんぜん音が出なくて焦ったが、エンジンかかってないと音が出ない仕様らしい。本体には端子がないので、スタンドアロンでは音声案内は使えないということか。

音声は合成だが、まぁ、抑揚がおかしな点はあるものの、けっこうまとも。案内のタイミングは、好みよりはやや手前からすぎる気もするが、バイクの速度域を考えれば妥当かも。

MP3データをSDカードに入れれば、音楽も聴ける。本体内に標準で、当たり障りのない感じのインストルメンタルが何曲か入っていたので流しながら帰ってきたが、一般道では気が散るからナシだな。というか、バイクはエンジン音を聞きながら走るもんだろ! とはいえ、距離稼ぎのための退屈な高速道路なんかでは、退屈しのぎによさそうだ。眠気覚ましになりそうな元気な曲をいくつか入れておくか。山本正之とか。

付属品はいっぱいあって、まだ試してない。USBでPCにつなげると、本体とSDカードがそれぞれマスストレージとして見えるので、ファイルの入れ替えが簡単にできる。Gaminの出力するGPX形式のファイルはGPSデバイスの中でもメジャーなフォーマットなので、関連ツールも多い。ちょっと探せばGoogle Maps上に経路を展開してくれるサービスやツールがわんさと見つかる。あとでいろいろ試してみるつもり。

あと、感動したのが、ACアダプタ。本体側の端子が、USBなのだ。つまり、充電もデータ交換もUSB端子を使えということ。合理的だなー。見習って欲しいよ、WILLCOMとかWILLCOMとかWILLCOMとか。他にも、マウントについている防水端子カバーが、本体搭載時は磁石でマウントにくっつくようになっていて、走行中にブラブラしないとか、すごく細かいところまで作りこんであって、かなり好印象。老舗は違うねぇ。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]
MIO使い (2008-03-16(日) 02:10)

電源端子がUSBだと振動が心配じゃないですか?

ただただし (2008-03-16(日) 05:23)

あー、車載時の電源供給は、本体下部にある接触式の専用端子を使います。でないとワンタッチで取り外しができないので。


トップ «前日 最新 翌日» 編集
RSS feed