トップ «前日 最新 翌日» 編集
RSS feed

ただのにっき


2007-03-17(土) [長年日記]

「石鹸なし生活」で花粉症が治った!!

※注: タイトルには行き過ぎた表現が含まれています。

床屋に行った。約ひと月半ぶりにシャンプーしたことになる。そう、実は2月初めから、ひそかに石鹸・シャンプー・リンスをいっさい使わない生活をしていたのだ。

ここ2年ほど、持病の治療でステロイドを処方されていたためか、花粉症の症状が出ていなかった。が、今年は処方されてないので、たぶんひどいことになりそうだという予感はあった。鼻水や涙はまぁ、無理すれば薬で抑え込むこともできるが、個人的にいちばん嫌な症状が肌荒れなんである。特に顔や頭皮が常にピリピリしていて、自分の皮膚のような感じがしない。顔のいわゆる「Tゾーン」が赤くなってボロボロむけてくる。

で、ちょうどそのタイミングで読んだのが、物議をかもし出した分裂勘違い君劇場のシャンプーとリンスと石鹸は使わない方がいいである。いろいろと前提条件があるとは思うが、言ってることは合理的だし、これで敏感肌が改善すれば、ひょっとしたら花粉症の症状も抑えられるのでは? と考えた。で、即実行してみたわけだ。

はじめはかなり「洗い切れていない」という感じが強かった。特に洗髪中は手に脂が残る感じで、汚れが落ちていないと思えたが、風呂からあがって髪を乾かすと、べたつく感じはまったくなくて、さらさらとしたいい感じの髪質になった。正直、10歳くらい若返った感じ。白髪は減ってないけど。

当初は家族にもナイショでやっていたが、別に体臭を指摘されることもないし、実際に皮脂の過剰な分泌が抑えられたためか、衣類や枕カバーの汚れも減った。そして本格的な花粉シーズンに入っても、例年のような皮膚のピリピリ感がいっさいないのである。とりあえず当初の目的は達成しており、かつマイナス面も特にないので、満足できる結果である。

今日、床屋でも(最初は何も打ち明けずに)頭皮や髪の状態を聞いてみたら、かつてないほど良い状態だと言う。「すごくきれい」とか「つやつやしてる」とまで言われた。今までは、やれフケが出ているだの、皮脂が多いだの、いろいろ指摘されていたのにだ。毎日何人もの頭を観察している人から合格点が出るのだから、何も問題はないと判断して良いだろう。その後、状況を打ち明けてみたが、実際に石鹸を使わない方が肌が健康な人はいるそうだ。

もちろん、おれにもいろいろと前提条件がある。

  • 人生も後半にさしかかっているので、皮脂の分泌は低下傾向にある。
  • 持病のおかげで普通の人よりは食生活に気を配っている。魚率が高いはず。
  • 以前から洗髪には石鹸シャンプーとクエン酸リンスを使っていた。石鹸もオリーブオイル原料の低刺激なものなので、石油由来のものは長いこと使っていない。
  • 化粧はもちろん、整髪料もいっさい使っていない。
  • この実験はまだ冬季しか実施してないし、そもそも対照実験がないので科学的とは言いがたい。

だから万人に勧められるとは思えないが、花粉症に伴う敏感肌に悩んでいる人には、ひょっとすると悪くない対策かもしれない。

もちろん、今後も(少なくとは花粉シーズンの完了までは)続けるつもり。支障がなければ夏にもやるかも知れないが、状況を見ながらかな。

関連する日記: 2007-03-18(日)

川崎 6-0 横浜FC

image 横浜大虐殺の日*1

写真のようにほとんどの時間帯において、川崎が攻め込でいる状態で、まったく相手になっていなかった。正直言ってぜんぜん怖くなかったし、前の2節で相手チームがなんであんなに手こずったのかわからない。

ま、そんな相手でも、バカ勝ちするのは気持ちがいいなぁ! なにしろ死ぬほど寒かったので、これで負け試合だったらたまらなかっただろう。

もっとも、毎試合退場者を出してるようではまずいよなぁ。ディフェンスは見違えるようによくなっていたんだが。

*1 マリノスも4点取られて大敗している

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]
TrackBack (2007-03-18(日) 12:04)

http://d.hatena.ne.jp/tatsumine/20070317/yokohama
ウタカタ ノ ヒビ
[横浜FC]J1第3節 対川崎フロンターレ戦@等々力
 横浜はアウェイ等々力で、相性の悪い川崎と対戦。生まれ変わったチームを川崎ファンに見せることができず0-6と惨敗。 勝ち点1は、どのような点差でも勝ち点0ですが、ダービー後の浮かれ頭を元J2仲間に「いい気になるな」と殴られたような敗戦でした。 横浜FC 0(0-3)6 川崎 1


トップ «前日 最新 翌日» 編集
RSS feed