トップ «前日 最新 翌日» 編集
RSS feed

ただのにっき


2018-12-31(月) [長年日記]

2018年の面白かったTVアニメ5作

この日記の古くからの読者は、最近ちっとも読書の記事がないことに気づいているかも知れないが、実は仕事で必要なもの以外はほとんど読んでいない。じゃあその時間に何をしてるかというと、アニメを観ている。継続的にアニメを観るようになって、もう2、3年になるかな。

といってもあまり網羅的なわけではなく、ニコ動で観られるものに限っているし、最初の2、3話で興味をそそられなかった作品は途中で切ってしまう*1。最近はNetflixなどで作られた作品も増えてきて、優れた評価を得ているけれど、それらはニコ動では配信されないので観ていない。というくらいのライトな視聴者。

というわけで、そんな限定的な視聴環境に絞った今年のベスト5。

1. ゾンビランドサガ

文句なしのトップ。冒頭の衝撃的な主人公の死から一転、高度な音楽ネタとハイテンションなギャグで展開する1、2話を観て、これはレベルの高いギャグアニメが始まったわい……と楽しみにしていたら、話は次第にシリアスに。そりゃそうだ、ゾンビが主人公なら死は避けて通れない。にもかかわらず、さらに話は転がって、まさかの大感動物語になるのだ。1、2話あたりで笑い転げている自分に「11話で泣くぞおまえ」と言ってもぜったい信じないと思う。

どう考えても続きが作られるだろうし、それを十分に匂わせる引きで終わったけど、このまま終わっても伝説級の作品には違いない。必見。

ゾンビランドサガ SAGA.1 [Blu-ray]
広報広聴課ゾンビ係/村越繁/高梨康治/深川可純
エイベックス・ピクチャーズ
¥ 11,431

2. ルパン三世 PART5

現代の文脈でオールドファッション泥棒のルパンを焼き直すのはもう無理だと思っていたのだが、IT一般だけでなくセキュリティ、ドローン、機械学習までをかなり無理なく取り込んで、しかもあいかわらずルパンは絶対的に強いまま、という奇跡のようなシナリオで魅せてくれた。ブラボー。

新キャラばかりか新旧の名脇役たちを勢揃いさせ、ルパンの過去や、不二子や次元たちとの関係性にも深く踏み込んで、2クールといっても欲張りすぎだろう!とツッコミたくなるほど贅沢な一作だった。ひさびさにルパンで満足したよ。

ルパン三世 PART5 Vol.1 [Blu-ray]

バップ
¥ 7,393

3. ちおちゃんの通学路

個人的イチオシ声優、大空直美(そらそら)の当たり作。とにかく"文字数"の多いハイテンションのギャグ作品で、これにダイナミックレンジの大きなそらそらの演技がドはまりしている。「通学路から外れない」という制約を満たしつつ話の展開はバラエティに富んでいるし、PCゲームで徹夜しがちなちおちゃんの性格が「ネット民あるある」なところも感情移入しやすくてポイント高い。

ちおちゃんの通学路 上巻 [Blu-ray]

KADOKAWA / 角川書店
¥ 13,438

4. はるかなレシーブ

いわゆる「きらら枠」ってことで、題材のビーチバレーも水着の女の子を出すための大義名分でしょ……とナメてかかっていたら、相当まともなスポーツものでびっくりした。展開の予想がつきやすい王道ストーリーながら、時間経過をうまく使って主人公の成長を描いていて、そうとうに「上手い」アニメだと思う。

もちろん水着の女の子は大事なので(笑)とても丁寧に描かれているんだけど、それ以上にこだわったアングル、劇伴・効果音による演出の妙が効いていて、たんにエロいだけに終わらない躍動感を描き出していてすごい。

はるかなレシーブ Vol.1 [Blu-ray]

KADOKAWA メディアファクトリー
¥ 5,302

5. ダーリン・イン・ザ・フランキス

本当なら5位になんて入れる気はなかったのだが。全体的には「トップをねらえ!」の縮小再生産みたいな作品で、絵柄は好きだけどSF的にも雑な感じだし、どこで切ろうかなーと迷っていたら5話でガツンと殴られて、スタッフを確認したら「絵コンテ/演出 高雄統子」ですよ。高雄さんが噛むなら観ますよ、ええ……。

その後も(アップダウンはあるものの)モヤモヤした状態で観続けていたら、13話がまたツボで(→絵コンテ 高雄統子)、ほんと、この人なんでおれの心を鷲掴みにし続けるんだろう。ほんと好き。……というだけの作品なのであった。

【Amazon.co.jp限定】ダーリン・イン・ザ・フランキス 1(メーカー特典:「線画A3ポスター」「田中将賀描きおろし複製色紙」付)(1~4巻連動購入特典:「描き下ろしB1布ポスター」&全巻連動購入特典:「描き下ろし全巻収納ボックス」引換シリアルコード付)(完全生産限定版) [Blu-ray]

アニプレックス
(no price)

5作までにしようと決めて書き始めたものの、次点に5作入ってしまったので、全部で10作紹介すればよかった(が、もはやそんな体力はない)。いちおう並べると、

  • 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない (桜島先輩のルックスがモロ好み)
  • ゴブリンスレイヤー (けっこうグロくていい意味で期待を裏切られた)
  • はたらく細胞 (説明不要)
  • ヒナまつり (主人公ヒナが消え失せてしまうところが好き)
  • 三ツ星カラーズ (まったり平和)

わりと秋作品に良作が多かった気がするね。ではまた来年(やるかどうかはわからんが)。

*1 いうまでもなく、どのようなジャンルにもスタージョンの法則は適用されるので。


トップ «前日 最新 翌日» 編集
RSS feed