トップ «前日 最新 翌日» 編集
RSS feed

ただのにっき


2011-09-01(木) [長年日記]

会社の「安否確認システム」が頼りにならないので自分でなんとかする

うちの会社もご多分にもれず、防災の日*1である今日は安否確認システムの予行練習的なものがおこなわれたのだが、これがまぁ、なかなかひどいシステムでねぇ。

だいたい、携帯のキャリアメールを使って社員の安否情報を集めようって時点で間違ってるというか、3.11で電話(通話)とキャリアメールがほとんど役に立たなかった経験を生かせていない。さらに、組織の階層構造*2を遡る方向にしか情報が伝達せず、双方向性がいっさいない。今どきこれはないよなぁというレベルなので、使う側もモチベーションがあがらない。

自分が使うなら、せめてこれくらいの要件は満たして欲しい:

複数のチャンネルが使える

安否情報を報告するにしろ、受けとるにせよ、「メールだけ」とか「Webだけ」みたいな1ルートしか用意されていないと、そこが死んだらおしまいだ。せめて2つくらいは手段を提供して欲しい。まして、システムが国内にしかないというのは論外なので、サーバはせめて海外にも分散して置いて欲しい。

どこにいても使えて欲しい

災害発生時、オフィスにいるとは限らない。家庭にいたり、移動中だったりもするわけで、特定のネットワークの利用を前提にはしない(まぁ「インターネット」は「特定」ではないと考えていいけど)。あと、閲覧環境も「IEのみ」みたいな社内システムにありがちな制限をかけず、一般的なブラウザ、ガラケー、スマートフォンから当たり前に見れて欲しい。

同僚の安否を知りたい

上司としては、部下の安否がわかればそれで安心なわけだけど、部下にしてみれば報告だけして情報ナシとかありえない。むしろ一番心配なのは一緒に働いてる同僚たちなわけで、彼らがちゃんと相互に安否を確認しあえるシステムでないと価値がない。


で、これらを満たす方向に今使われてるシステムが進化するとはとうてい思えないので、できる範囲で自衛するしかない。

3.11ではTwitterやFacebookは極めて安定していたので、太平洋海底ケーブルでも切れない限り使えるだろう(東京が壊滅したらダメかも知れないけど、その時は色々とおしまいだろうから心配してもしょうがない)。とりあえず自分のプロジェクトメンバーは全員Facebookに入らせて、クローズドなグループに登録。相互に連絡が取れるようにした。メールでも投稿できるし、WebもPC・モバイルに対応しているから上記の条件はかなり満たしている。これがプライマリチャンネル。あとはTwitterで相互フォロー状態にでもしておけば、第二のチャンネルとして使える。

こういうボトムアップ型の仕組みは、全社に導入するような方向には進めにくい。というか、会社としてお金出せないよね、会社は社員をバルクで扱って「何%が無事です」って報告がしたいだけなんだから。Facebook上に日本企業の組織構造を再現するのは不可能だろうし。でも、本当に現場で求められている要件は既存のサービスだけで十分満たせちゃったりするわけで、なんだかなぁと思いつつ、とりあえず「プロジェクトのメンバが相互に安否を確認できる」というおれ個人の要件は満たせたからまぁいいや。

*1 そういえば来年からは3.11にも何かやる流れなのかな、やっぱり。

*2 これだけは見事なくらいにバッチリ再現していて、さすが日本の企業はこういうどうてもいいところにコストをかけるわと感心する(イヤミ)。

関連する日記: 2011-10-05(水)
本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]
smbd (2011-09-04(日) 14:09)

3.11のときに、アメリカ行きのケーブル結構切れてたらしいですけどね。
http://www.janog.gr.jp/meeting/janog28/doc/janog28-robust-yoshida-after.pdf#page=13
ま、切れてもアジア経由でなんとかなるんでしょうが。

xibbar (2011-09-05(月) 09:48)

うちの http://www.you-ok.jp/ の参考にさせていただきます。ありがとうございます。

ただただし (2011-09-05(月) 11:04)

要件の1個目はともかく(xibbarさんがが2個目にひっかかるような実装をするとは思えないし)、3個目は個人情報保護の観点からのNGになる企業も多いのではないかと思います。そういう意味で経営層向けに響く要件ではないという。

xibbar (2011-09-05(月) 11:39)

1個目はまあなかなか技術的にも難しいのですが、とりあえずうちはYou-OKは海外です。うちのは「安否確認に答えて!」というメッセージはメールで行きますが、それが届かなくてもサイトにアクセスしたら安否のリクエストに回答できるようになっています。発報していないと答えられませんけどね。

2個目は対応済みなので、飛ばして、3個目はたださんの周りのようにfacebook、twitterがわかっていればいいのですが、うちの登録者さんを見ていると、ITにそんなに詳しいわけじゃないユーザーさんが多いです。たださんみたいに詳しかったら何でも使えると思うんですよね。あと、経営者がバルクで扱うために使われたら私も悲しいです。緊急時には、同僚の安否も確認したいですよね。

ってことで、1はともかく、たださんを含めて、誰もが使いやすいシステムにしたいと思います。
上から目線の安否確認システムはちょっと嫌だなと僕も思います。


トップ «前日 最新 翌日» 編集
RSS feed