トップ «前日 最新 翌日» 編集
RSS feed

ただのにっき


2010-10-02(土) [長年日記]

Debian lennyでClojure開発環境を作る

Android用アプリの開発をするために『プログラミングClojure』を読み始めたので(←どう考えても不必要に遠い道のり)、実際に動かせる環境を作る。普段持ち歩いているLet's note上のVMwareで、Debian lennyが動いているのでそこへ。

まずはjavaの環境を入れなければいけない。Java環境にはいくつか選択肢があるみたいだけど、non-freeながらオリジナルのSun実装があるのでまずはそれをチョイス。Clojureのビルドにはantも必要らしいので一緒に入れる:

% sudo aptitude install sun-java6-jdk ant

antが一緒にgcjを入れるのが気になるけど、依存関係どうなってんのかなぁ……。まぁ、/usr/bin/javaコマンドは/etc/alternatives/javaを経由して/usr/lib/jvm/java-6-sun/jre/bin/javaを指しているようなので、OKなんでしょう。

Clojureはtestingには1.1のdebがあるみたいだけど、本書のサンプルにも常に最新のclojure.jarが含まれていて、それだけあれば十分らしいので、まずはそっちを持ってこよう:

% cd ~/src
% git clone git://github.com/stuarthalloway/programming-clojure.git

対話式にコードを試せるREPLを起動して「Hello world」してみる:

% cd ~/src/programming-clojure 
% bin/repl.sh           
Clojure 1.1.0-alpha-SNAPSHOT
user=> (println "hello world")
hello world
nil
user=> 

OK、動いた。

いちおう公式な処理系もGithubから作っておく(けどたぶんしばらくは使わない):

% mkdir ~/src
% git clone git://github.com/richhickey/clojure.git
% cd clojure
% ant

続きはまた。

9784274067891

Tags: clojure

トップ «前日 最新 翌日» 編集
RSS feed