トップ «前日 最新 翌日» 編集
RSS feed

ただのにっき


2007-06-01(金) [長年日記]

反逆者の月 (ハヤカワ文庫SF)(デイヴィッド ウェーバー/David Weber/中村 仁美)

スペオペとしてはまぁ、ふつうに楽しめた、かな。もっとも、及第点はあげられないが。

なんといっても、最初の100ページだけで設定を全部説明しつくすという大胆構成はちょっとなー。まぁ、はっきりいって目新しさはないし、変に謎めかすよりはいいかも知れないが。

あとは、核兵器の扱いがぞんざいすぎる。書き手がアメリカ人で、読み手が日本人だから、温度差があるのはしかたがないとはいえ、やはり連中の描く「核」には真剣味が足らん! と思う。

Tags: book
本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]
kitaj (2007-06-02(土) 21:06)

表紙絵のダサさっぷりのせいで全然期待してなかったら意外と楽しめしたよ。
核の話は同感。


トップ «前日 最新 翌日» 編集
RSS feed