トップ «前日 最新 翌日» 編集
RSS feed

ただのにっき


2006-12-15(金) [長年日記]

4840233616

ma2さんが激奨していたので買ってみた。うん、面白かった!!

目次を見ると、なんだか目次にはそぐわない硬い項目が並んでいて、「なんじゃこら」と思ってページをめくると、まったく同じ文章が再掲されていてタイトルが「図書館の自由に関する宣言」。1954年に採択された実在する文章である。この勇ましい宣言をネタに、この作品のような設定を思いついたのが50年間一人もいなかったなんて信じられんよ。本文に入る前に仕込まれたこの仕掛けに、グイっと胸倉をつかんで作品世界に引き込まれた感じ。ヤラレタ。だいたい、読書の自由を守るために文字通り体を張って戦う、という話に(とくに主人公の動機に)、本好きが共感しないわけがない。

スタイルはラノベだが、骨格は完全にSFなので安心だ(おれが)。文人の園である図書館を武人が闊歩する風景になじめるかどうかは、読者がSF慣れしてるかどうかに依存しそうだが、わかってしまえばテンポはいいし、硬軟のコントラストが効いた文章は作品の雰囲気をうまく盛り上げている。

唯一の難点は、(この作品は三人称なのだが)ときどき一人称の心象が地の文に混じることがあるのだ。なんの説明もないので誰の独白かわからないし、せっかくのテンポが台無しになる。新手のテクのつもりかも知れないが(ただの推敲漏れだろうけど)、読者が混乱するからやめたほうがいいと思う。

なお、続編が出ているが完結していないそうなので、今のところは買わない。別に続編はなくても単体で十分に面白いし。

Tags: book
本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]
やまざき (2006-12-19(火) 10:32)

図書館内乱かな? > 続編
たぶん持ってたはず・・・。読み終わってるんで今度持ってきましょうか?

ただただし (2006-12-19(火) 20:16)

いや、「内乱」は終わってないという話なので、続編が出るまで待つということ。


トップ «前日 最新 翌日» 編集
RSS feed