トップ «前日 最新 翌日» 編集
RSS feed

ただのにっき


2004-07-31(土) [長年日記]

揺籃の星 上 (創元SF文庫)(ジェイムズ・P・ホーガン/内田 昌之)

おれの未読キューは優先度付きなので、重要な新刊は先に読まれることもあるのだが、無条件に最高の優先度を付けられるのはホーガンだけだろう……というくらい、待ち望んだ一冊。忙しいさなか、なんとか読んだ。

解説にもあるように、ネタ元になってる理論がトンデモなのにもかかわらず、(いくつかおかしな点はあるものの)きっちりそれっぽい説明をつけて、いかにもこんな世界があり得そうに思わせてしまう力量はさすが。「トンデモ」が「事実」である世界で、既存の仮説に固執する科学者たちを愚かに描くことを通して、ホーガンの科学への愛がひしひしと感じられる作品になっている。これぞまさにホーガン(←つまり、政治関係の描写には目をつぶれ、ということ)。

ところで「ホーガン」で「三部作」と言えば、衝撃的だったデビュー作「巨人たちの星シリーズ」だが、あれは毎回「これですべて解決!」と思える結末が、次作でみごとにひっくり返されるのがカタルシスだった。このシリーズも三部作らしいので、このあとがどうなるのか楽しみでならない。

Tags: book

SHARP DV-HRD1

最近はAV関係にはほとんど出資しなくなっているので、こういうモノも型落ちで安くなってるヤツを買ってくるんである。つーか、先週末に買ったんだけど、設置している暇がなくて、やっといじっている。

いいんだよ、どーせTVはたいして見ないんだから、80GBもあれば。つーわけで、今のところは単にビデオの媒体が変わって、DVDプレイヤーが一体化した、という程度の感覚。これで「ProjectX」が毎週ちゃんと見られるようになるかな(笑)。

ところで、今まで使っていたSamsung DVD-618Jが余ってしまった。知る人ぞ知る、リージョンフリー機。海外の格安DVDも再生できるよ……と薦められて買ってはみたものの、国内向けしか再生したことがないので、宝(?)の持ち腐れである。欲しいという人があれば差し上げます。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]
yonemako (2004-08-01(日) 08:13)

あ、欲しいかも。

ただただし (2004-08-01(日) 12:56)

じゃあ差し上げます


トップ «前日 最新 翌日» 編集
RSS feed