トップ 最新 追記
RSS feed

ただのにっき


2019-09-07(土) [長年日記]

グスタフ、飼い猫になって10年になる

[写真]恒例の「湘南直送」箱に入ってご満悦なグスタフ

庭でグスタフを拾ってからちょうど10年になる。

以前ぜったい鳴かないと書いたけど、実際食事を要求するときは鳴かないものの、それ以外の場面では最近はよく鳴くようになった。とくに甘えたいときに精一杯かわいい声で「にゃーーー」と鳴く。体格的にどうしてもだみ声で、ドーラのような高くて可愛らしい声は出せないのだけど、これはこれで愛らしい。猫も年齢とともにいろいろ変化するものだ。

そういえばこないだ病院に行ったときに犬猫の年齢換算表があったので見てみたら、猫の10歳は人間でいうと55歳程度らしい。もうそんな歳かー、と思いつつも、50代になっても変化するのはすごいよなとも思う。

Tags: gustav

2019-09-06(金) [長年日記]

Jリーグチケットは正当なメールアドレスを受け付けない

(この日記を書いているのはなんと10月1日という……日記ビハインドが一ヶ月近いなんてひさびさだ)

わが川崎フロンターレも後期からついにシーズンチケットがデジタル化されて、ICカード1枚が郵送されてくるだけになった。めでたい。いっそアプリ化してくれてもいいんだけど。

で、その余波として行けない試合のチケットを譲渡ないし転売できるようになった。リーグ2連覇していまや毎試合チケット完売しているありさまなので、無駄な空席が出ないのは助かりますな。チケット譲渡・転売の手続きをするにはJリーグチケットのアカウントが必要なので、さっそく登録……しようとしたらエラーになった:

[スクリーンショット]ローカルパートが1文字しかないアドレスはエラーになる

おれは訓練されたインターネットユーザなので、この時点でピンときてはいるんだけど、いちおう念の為サポートに連絡してみる。翌日届いた返信がこう:

Jリーグチケットでは、@前の1文字のみの登録は許容しておりませんので、別のメールアドレスでご登録いただけますでしょうか。

「@の前」ってのはローカルパート(local-part)つって、最大64文字という制限はあるが、空でなければ小さい方の制限はない。1文字でも立派なメールアドレスである。それってインターネット標準に則ったメールアドレスを拒否するってことでしょうか? と念のためもういっぺん聞いてみた:

Jリーグチケットにて提供しているサービスにおきましては@前のご登録は2文字以上とさせていただいております。

(ため息)

そんな変態メールアドレスを使っている方が悪いという指摘もあるだろう*1。そのとおり!(笑) 独自ドメインなのでもっと長いアドレスは好きなだけ作れるし、今回はGmailのアドレスを使ってサクっと登録しなおしたので、当面の用は足りている。

それでもこんなメールアドレスを使っているのは、いわば炭鉱のカナリアみたいなものである。ちゃんとRFCを読んで実装するサービスであればこんな妙な制限がつくわけはないし、RFCを読んだり準拠したりする習慣がない組織は、往々にしてその他のガイドライン──例えばIPAのセキュリティガイドラインとか──にも従っていない可能性が高いだろう*2*3

そういうヤバい臭いのするサービスには、できるだけ本物の個人情報は預けないとか、クレジットカード情報を保存しないとか、どうしてもカードを使わなきゃいけないときには限度額の低いものを使うようにするなどの自衛策がとれる。そういう臭いを感じ取るために、こういうメールアドレスを使っているのである。あ、もちろん「短いメールアドレスかっこいい!」というのが一番の理由だけど。

Tags: mail

*1 なお、この手のメールアドレスを使うようになったのは、いまはなきLinuxディストリビューション「Kondara」の開発チームの真似である。あと、セキュリティ界隈でときおり見かけるSQLインジェクションを誘発させるメールアドレスに比べればぜんぜんかわいい方ですよ。

*2 ちなみにJリーグチケットの運営元はJリーグのオフィシャルチケッティングパートナーであるぴあなので、ぴあがそういうカルチャーなのだと思われる。怖いので来年からは別のベンダーにして欲しいですね。

*3 なお過去にこれと同じ制限にひっかかったサービスで覚えているのはForkwell。問い合わせにすら梨のつぶてだったので、もちろんすぐに退会した。なのでいまも制限が残っているかどうかは知らない。

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

tSU_RooT [>なお、この手のメールアドレスを使うようになったのは、いまはなきLinuxディストリビューション「Kondara」の..]

ただただし [え、「そういう」ってどういう理解!?]

tSU_RooT [>え、「そういう」ってどういう理解!? ディストリビューションの開発以外にも、ちょっと尖った事をやって啓蒙してみ..]

ただただし [尖ってたのは確かだけど、1文字メールアドレスは単に短くてクールだったからだと思いますw]


2019-09-04(水) [長年日記]

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 7thLIVE TOUR Special 3chord♪ Comical Pops! DAY2のLVへ行ってきた

[写真]パンフレット

昨日に引き続きTOHO日比谷でLV参加。

昨日セクシーギャルズの新曲サプライズ発表があったことから今日もなにか仕掛けてくるんじゃないかと疑心暗鬼(?)になったPたちの、もっぱらの予想は「かりりんサプライズゲスト & ワンステップスに新曲」である。たしかにかりりん、今日はまだTwitterで発言してないし、ワンステップスはグッズまで売ってるから、状況証拠的にはアリなんだけど、セトリ的に入れる場所ないでしょ、だいたい今日はソロが1曲分多いんだぜ? ……で、もちろんそんな発表はなく*1、というか当のかりりんは別のプロデュースをしていたという(笑)。

2日分あるのは最近では珍しい、中里キリさんのレポートを参照しつつ、記憶に焼き付いてるパートだけ(これ書いてるのもう1週間たったあとなので……とほほ)。

TOKIMEKIエスカレート~DOKIDOKIリズム

なんといっても最初のトピックはこれよねー。城ヶ崎姉妹+久川姉妹ユニットによる姉妹ソロ曲メドレー。うひゃー。なんか曲の途中で「TOKIMEKI」コールが来て混乱してたら耳慣れたイントロが流れてメドレーだと気づく仕掛けも良き。こんなに早く姉妹対決(?)が見られるのも良き。花道を手をつないで駆ける久川姉妹とか、負けじと(?)電車ごっこをする城ヶ崎姉妹とか、オモシロかわいいシーン満載だった。

なおその後のラジオで「TOKIDOKIエスカリズム」と内輪で呼ばれていたことが判明している。

谷の底で咲く花は

今日イチの注目株だったほたるのソロ初披露。発声の難しいほたるの声でおまけにリズムでごまかせないバラードというだけでなく、さらにダンスというよりは舞いとも言うべきゆったりした振り付けの三重苦。おいおい新人に任せる曲かよ……という。スパルタにもほどがあるでしょ、アイマス……。

案の定、声は震えて音程も外れ、ダンスはぎくしゃく(涙声で床に座り込んだときはもうダメかと思ったがあれも振り付けだったようだ)。だがね、最後まで折れることなく歌いきり、前を向き続けたというだけでも立派。誰もが感動するパフォーマンスで、クオリティだけがアイドルの評価基準ではないということを身を以て示したと思う。なによりここがスタート地点。これから幾度となく歌うことになるこの曲が、どんなふうに変化していくのか楽しみだ。

でね、そのあと1曲おいてミス・フォーチュンの2人で「キミのそばでずっと」なわけだけど。トロちゃんは当然まだ動揺を抑えられてないから、途中でまた涙声になるわけ。そこで隣にいるらなちゃが、つられてもらい泣きをしそうになるも、ぐっとこらえてトロちゃんを引っ張る。いやもう、ほんの1年ですっかり先輩になったらなちゃをみて、見てるこっちが泣く番だよ。今日イチ感動的なシーンだったね。

MC

途中のMCはるるが回していたんだけど、歌唱メンバを紹介するときにいちいちそのユニット名を添えるだが、これがもう、ほぼ聞いたことのないユニットばっかりで笑った。いやもちろん見てるはずだし、担当Pなら知ってて当然なんだけど、なにしろイベントのたびに無節操にライバルユニットを出してきたモバマスのこと、全部を覚えておくことなんてできないわけ。これはなかなかオモシロ体験だったので今後もやって欲しいね(笑)。

最後のMC、昨日は「初登場組」、今日は「今公演かぎり」のキャストのみが行うという変則運用。もう、毎回30人近くの出演者からコメントとるのは不可能なんだよなぁ。寂しいけど、最近はほぼ全員がTwitterをやっているので、ほぼ即日でコメントやオフショットがもらえるからいいとはいえ……。

で、そうなるとベテラン勢がほとんどいない顔ぶれになるので、わりと湿度高めなMCになる(笑)。ひーちゃんが何か口に出すたびにリカチマルの顔を見るの、尊すぎてめまいがした。あと柚はぜったい泣かないと言いつつ、「TAKAMARI☆CLIMAXXX!!!!!」でセンターを任された喜びをボロボロ泣きながら感謝していたらりとか(スイカに塩という謎名言付き)、なんだかんだ言っても「今この瞬間を切り取る」こういうシーンは、ライブに必要だよなー。

etc...

  • 最初の挨拶でふーりんの背後でピントの合ってない謎の動きをしている影があって、それがもうひと目で「あ、らりだ」ってわかるのがオモシロすぎる。存在自体が柚だよあの子。
  • 昨日書き忘れたけど「Halloween♥Code」が全員ネコミミ装着!! オリメンに欠けるみくのことを、ネコミミを身につけることで表現するの嬉しいねぇ。このときばかりはウサミンも耳を付け替えていたのが最高に面白かったし、リスペクトがあってとても良い。
  • 初披露の「ヒカリ→シンコキュウ→ミライ」良かったですなー。しのしー、ついつい4thの印象で記憶しがちだけど、実際はめっちゃ上手いので、実力を発揮できるととても聴き応えがある。
  • 「ましゅまろ☆キッス」がきらり&のり子デュオなのは良かった! 例の☆付き棒のかわりにちよちーが持っているのはドーナツの付いた棒で、しかも最後にはそれぞれがマシュマロとドーナツを頬張るというね! 大坪社長がいなくても食うのかw
  • しまゆきの「追い風Running」、すでに何回か見てるけど、あいかわらずの「ザ・アイドル」で感心してしまう。最後の投げキッスはだいぶ死人が出たと思う。
  • 凛のソロがなかった!! ふーりんは今回「全通」だからきっとどこかで歌うし、そもそもソロ曲がポップス枠じゃないからということだろうけど、大胆セトリだわ。

隣がだいぶ若くて元気いっぱいな人だったんだけど、「ましゅまろ☆キッス」の振りコピを知らないとか「小さな恋の密室事件」で最初から赤を振ってるとかなので「お、新規参入か、いいぞいいぞ~」って思いながら見てた。アニメ放送後にも順調にP人口が増えてる感があって良い良い。


MCが長引いたので今日は4時間超えたかな? 打ち上げがないのですぐに帰れたけど、さすがに翌日ふつうに出社するのは厳しいな(笑)。今日も代々木上原の松屋で丼ものをかっこんで帰宅。

[写真]ねぎたっぷり牛丼

*1 新イベントの発表時に出たシルエットは明らかにワンステップスだったので良しである(まぁそこは予想の範囲内だしね)。


トップ 最新 追記
RSS feed