トップ «前日 最新 翌日» 編集
RSS feed

ただのにっき


2019-05-18(土) [長年日記]

THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 6thLIVE TOUR UNI-ON@IR!!!! Princess Station DAY1ライブビューイングへ行ってきた

[写真] パンフレット

4月から始まり、地方ばかり3ヶ所を巡るミリオンのツアーも2ヶ所目の神戸、ワールド記念ホールである。キャパ8,000人だって。幕張メッセイベントホールよりちょい大きいくらいか。仙台の倍のキャパもあって、わさます部からは2人が現地参加。あとは各地のLVで、新宿だけでも6人くらい。プリンセスという名前とは裏腹に「脳筋」と称されることもあるほどのアグレッシブなグループなので、どんな公演になるのか楽しみ。


例によってユニットごとのコーナーなので、今日は前半の2つについて。

STAR ELEMENTS

トリはたぶん一番盛り上がるHANABI団だろうし、未発表曲もあるスタエレを出すならインパクト重視のトップバッターでしょう……という予想どおり。そう、スタエレはゲーム内イベントは間に合ったものの、CDリリースは再来週なので、ドラマの内容もC/Wも未公表なのだ。試聴すらない。他のユニットがコンテクストを共有した状況下でのパフォーマンスなのと比べると、かなりのディスアドバンテージ。

どうするのかと思ったらなんと、MCがわりに朗読劇を挟んできた。これ、CD収録ドラマの先出しだ! ゲームのコミュからわりと対立的な雰囲気だとは思っていたけど、想像以上にギッスギスしてて笑った。とくに可奈の演技は表裏が激しくて「そりゃ、演技指導・北沢志保ですからな、ふふっ」と謎のドヤ顔になったね。

なおカバー曲はなんと「まっすぐ」で*1、若いPは完全においてけぼりだよなぁ。すげぇ古いの持ってくるわ。ここから未発表C/W曲はけっこうハードな曲調じゃないかと想像がつくんだけど、このギスギス朗読劇から間髪入れずに始まった*2「ギブミーメタファー」は本当にゴリゴリにハードな曲で、こりゃテンションあがる。なるほど、試聴すらさせなかったのはこれのためか(ライブ後に試聴動画が公開になった)。CDがさらに楽しみになったね。それにしても、フィクションを理解できない(当然メタファーも)未来にこの曲名、悪意っぽいものを感じてしまう(笑)。

衣装はゲームそのままですばらしい出来。上がスリーピースで暑そうだなーと思っていたけど、かなり薄い素材で作られていてそうでもないそうだ。最近は布から作るからなぁ。

Charlotte・Charlotte

デュオ好きという自分の嗜好を抜きにしても、シャルシャロがPrincessの「かわいい成分」を一手に引き受けるユニットだというのは想像に難くなかったわけだが、いやもー、想像以上だったねー。完璧に再現された衣装をまとった二人が、上段のリフトから人形ケースに入って現れたときには、なんか変な声が出た。「かわいい」以外の語彙を失う。やってくれるじゃねーの!!

なわけで「だってあなたはプリンセス」はもうため息しか出なかったな。「ミラージュ・ミラー」も、途中の長台詞を完璧にシンクロしてくるし、双子デュオの面目躍如。エミリー(紫)とまつり(緑)なのに、シャルシャロのときはピンクと水色のライトを振ることになってるのも特別感があって好き。

さらにカバーが「フタリの記憶」と「魔法をかけて!」の2曲! 「フタリの記憶」は予想していた人も多かったけど、まさか「まほかけ」とはなー。MASETERPIECE01じゃねーの。アイマス最古だぞ。おれだってベストアルバムでしか持ってないよ。どんだけ老人優遇セトリなのか(笑)。


ソロは意外な選曲な人がいて、もしかしてこれも演者の希望がだいぶ入ってるんじゃないかという気がしてきた。「Only One Second」がとても気合が入っている感じがしてよかった。種ちゃん、左耳のイヤモニをつけ忘れて登場、間奏でつけ直すまで見ているこっちもヒヤヒヤしてた(左側はマイクを持っているので歌いながらつけられない)。こりゃリベンジしたくなるわ。「Understand? Understand!」はやらないと思いこんでいたので嬉しかった。

*1 ニコマス育ちなので反射的にエンディング心理になってしまう。あと「さん」をつけそうになる。

*2 あのわずかな暗転でマイクスタンドを片付ける早業はすごかった。


トップ «前日 最新 翌日» 編集
RSS feed