トップ «前日 最新 翌日» 編集
RSS feed

ただのにっき


2019-04-27(土) [長年日記]

THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 6thLIVE TOUR UNI-ON@IR!!!! Angel Station DAY1ライブビューイングへ行ってきた

仙台公演のパンフレット

オリンピックの影響だかで首都圏の会場を確保できなくなりつつあるらしくて(という噂はもう2年くらい前からよく出ていた)、ミリオン6thはもう、首都圏開催なし! である。びっくり*1。そんなわけでおいそれと遠征できないし、最初からLV狙い。いつものバルト9にて。

会場のゼビオアリーナ仙台は3rdでもやってるし、すでに馴染みの会場(言いすぎ)。きっとホットミールにはタンシチューが提供されているんだろう、もちょいるし。そう、今年はミリシタのタイプ別公演なので、全公演でメンバが重複しない。しかもミリシタ初期からやってきたユニットを主体に構成する、TV番組のような体裁で、と事前アナウンスがある。てことはですね、間違いなくゲームを再現したユニットごとの専用衣装ですよ。すっげー楽しみ。


前半はユニットごとの対バンステージっぽく、後半はごちゃまぜでソロとグループ・全体曲という構成は読みどおり。衣装はほんとうに素晴らしい出来で、一瞥しただけで満足の鼻息が漏れるほど。明日もあるので今日の日記には前半の2組のユニットについて書いておく。

ピコピコプラネッツ

衣装の再現度がもっとも高かったのがピコプラだと思う。冒頭のAngelic Paradeでは光っていなかったが、最初のユニット曲ではステージが暗転してフルカラーにピカピカ光りながらの登場だったから本当にテンションが上がった。LEDが一般化して光る衣装はたぶんそんなに珍しくも困難でもないと思うんだけど、おそらく全アイマスを通してははじめての実現で、765ASのVi衣装でかなり初期からあったピカピカがついに現実化して嬉しいよ。これがまた全員よく似合う。とくにもちょ。もう24歳になったはずなのに、アイマスのステージ上では完全に星梨花(13)だもんなぁ。かわいすぎてため息が出る。

「ピコピコIIKO…」のあと、なんか「体操をします」とかいって振りコピをやらされるわけ。当然こっちは残ったユニット曲である「Get lol! Get lol! SONG」のことだと思うじゃん? ダンベル上げ下げとか、歌詞になさそうなフレーズが飛び出すけど、こっちはそう思い込んでからなんの疑いも持たない。そしたら「次の曲はスマイル体操!」とか言うわけですよ! やられた~。叙述トリックじゃん(笑)。まさか765ASのカバーをここで突っ込んでくるとは。しかしこれは見事ですよ。膨大な曲数を誇る765ASのカバーなら、ユニットの文脈にマッチした曲が必ずある。ASの妹分であるミリオンならではの仕掛けで、さすがだわ。しかも今後、残りのユニットでなんのカバーをやるか予想が捗るわけで。参りました。

なお「Get lol! Get lol! SONG」も超絶かわいくて大満足であります。

THE IDOLM@STER MILLION THE@TER GENERATION 16 ピコピコプラネッツ
THE IDOLM@STER MILLION LIVE!
ランティス
¥ 1,566

Cleasky

ミリシタのユニットで一番好きなのはと聞かれたら*2、ノータイムでCleaskyと答えるくらいにはCleasky好きなんだけど、衣装の再現度はもっとも低かった。とはいえこれは正解で、ゲームの衣装はほぼまんまセーラー服だから、そのまま実体化すると「お店感」バリバリになって上手くないだろう。蝶々なんて人妻だしな(笑)。そんなわけで、たっぷりしたプリーツのハイウェストなスカート、衣装らしくて良いと思いました。

「虹色letters」は全ユニットを見渡してもライブでかかった回数がもっとも多い方なので、どういう演出にしてくるかと思ったら、なんとヘッドセットをつけてのミュージカル風。これは嬉しい! 学校の教室で読書をするみゃお、手紙を書くエレナという演出も、両手を自由に使っての再現度の高いダンスも最高だよ。

カバー曲は春香のソロから「笑って!」で、なるほどこれはCleaskyの物語にすごくマッチしていて素晴らしい選曲。しーまるが事前に「コミュを見返しておいて」と言ってた意味がわかった。

「想い出はクリアスカイ」も、傘や手紙を使った演劇風の演出で、全体としてストーリー性が高くて、アイドルたちがドラマや映画に出るというGENERATIONシリーズの流れに一番沿っていて、集大成的な感動があった。とても良い。もう嬉しくてずっと泣いてた。

THE IDOLM@STER MILLION THE@TER GENERATION 06 (特典なし)
THE IDOLM@STER MILLION LIVE!
ランティス
¥ 1,307


各ユニット3曲ずつのコーナーが終わったあとは、2日かけて全員が1曲ずつのソロを含めてのコーナーで、MCを挟むとはいえけっこうな曲数を連続してやるものだから、けっこう体力的に厳しい感じであった。いえ、Pの年齢とか気にせずやってください! しかしソロも最初期のから最新のまでまぜこぜだから、誰がなにをやるのかさっぱり読めなくてまいったわ。ユニット曲も、オリメンいるのに歌わないとか、変化球多めで相当楽しいことになってた。5thで「やらなきゃいけない曲」を全部やったからね、6thは自由度高くなっていいよね。これを待ってたんだぜ。

*1 シンデレラの次の千葉公演も平日だ。

*2 「プロデュースしたいのは?」ではない。

関連する日記: 2019-04-28(日), 2019-05-18(土)

トップ «前日 最新 翌日» 編集
RSS feed