トップ «前日 最新 翌日» 編集
RSS feed

ただのにっき


2016-12-22(木) [長年日記]

『デザイニングWebアクセシビリティ』の電子版が出たぞー!!

『デザイニングWebアクセシビリティ』といえば、著者の2人はWebアクセシビリティ四天王を選べと言われれば多くの人が名前をあげるほどの知名度と実力があることもあり、昨年の発売直後からアクセシビリティ界隈だけでなくWeb業界でも話題沸騰、はやくもバイブル的書籍としての地位を確立してしまった感がある。

が、個人的には「紙でしか出ていない」のが残念で、パラパラと立ち読みした程度。これはおれが電子書籍しか読まなくなって久しいからだけではない。アクセシビリティ、それもとりわけ「Webアクセシビリティ」を扱っていながら、よりによってアクセシビリティ的に劣る媒体でしか入手できないのはいかがなものかと思ったからだ。

もちろん、そんなことは関係者一同、百も承知なわけで、水面下で電子化が進行するなか、先日レビューの依頼が届いたのであった。あー、びっくりした。いやね、最近はセキュリティ業界に身を置いているけど、その前はWebアクセシビリティ基盤委員会のメンバだったわけで、そのつながりですね。なので今回は仕事と関係ないので、肩書なしで協力しております。謝辞の中でだいぶ浮いてる(笑)。

DSC_2161

実のところ、EPUB規格はWeb技術の集大成なわけで、きちんとしたWebデザインができる人が作れば電子書籍も普通にアクセシブルになる。今回、リフローでなければ電子書籍にする意義がないとのことで、図表の多い本なのにちゃんとリフローになっている。なので、レビューも最初からほとんど問題はなかった。リンクをたどれる特性を活かして索引もついてるし、アクセシブルな電子書籍の見本としてもいい出来だと思う。

というわけで、本日発売。デザインといってもビジュアルデザインではなく本来の意味での「デザイン」のことだし、なぜWebが重要なのかという基本中の基本について改めて考えさせられる、Webサイト/サービスの設計に関わる人なら必携の一冊だ。

いつものように達人出版会から買うのも良いが:

デザイニングWebアクセシビリティ デザイニングWebアクセシビリティ
太田良典, 伊原力也
2,500円+税

出版元のボーンデジタルから買うと付録としてKindle向けにチューニングしたmobi版とAZK版がついてくるので、Kindleユーザはこっちもオススメ。もちろんおれが主にレビューに使用したのは愛機のKindle Voyageだ。

Tags: a11y book ebook

トップ «前日 最新 翌日» 編集
RSS feed