トップ «前日 最新 翌日» 編集
RSS feed

ただのにっき


2016-06-05(日) [長年日記]

グスタフ、ダイエットを申しつけられる

[写真]帰宅して存分に甘えている

ドーラの歯周病治療のために主治医を変えたところ、なかなか頼りになる獣医だったので、グスタフも面倒みてもらおうと思って連れて行くことにした。まずは軽く検診をお願いする。

とはいうものの、家から数百メートル以上離れるのも初めてなら、車に乗ったこともない*1。臆病なのはわかっていたので事前に獣医に相談したら、短時間だけ効く精神安定剤を処方してもらっていたのだが、出かける直前になぜか自発的にケージに入り込んでいてくれたから、飲ませるチャンスもなくそのままケージを閉めて車にIN。

そこからもう、普段歩いて病院に行くときの倍くらいの大声で「ワーオ、ワーオ」と鳴き続け(外を歩く通行人に聴こえるんじゃないかと思うほど)、病院につく手前の車内でオシッコを漏らす。とほほ。

人気の病院なので待ち時間は長い。待合室に持ち込んだらうるさくてたまらんと思うので、車内に置いたまま診察開始まで待つことにしたけど、ケージの窓から様子をうかがうたびに情けない声で泣きながらケージを突き破らんばかりの勢いで頭を押し付けてくる。なんかすごくひどいことしてる気分になるんだけど……。いやまぁ、猫にしてみればひどいことされてるんだけど。

そんなこんなで1時間ちょっと待ってようやく診察開始。ケージから引っ張りだして診察台に下ろそうにも、しがみついて離れないし、診察台から飛び降りて逃げようとするし。ただ、主治医が文字どおり猫なで声で話しかけてくれるせいか、噛みついたり引っかいたりという暴力的な行動にはならなかったのは幸いか。

診断の結果、歯石がだいぶたまっているのでスケーリングはしましょう、それより太りすぎなのでダイエットしましょう、できれば5kg台までと宣告されてしまう*2。がびーん。いやまぁ、大きな猫だとは思ってたけど、2kg以上も太ってますか……。ダイエット食を与えて一年くらいかけてゆっくり痩せるのが良いそうだけど、ドーラに同じものを食べさせるわけにはいかないので、従来のように好きなときに好きなだけ食べる生活を改めて、時間を区切って与えるように訓練するところから。うわー、めんどくせぇ……。

あと、何年か前から気になっていた首筋にあるイボをみてもらったところ、細胞を調べましょうということになり、しばしバックヤードにある検査室へ引き取られて行ったんだけど、獣医に抱きかかえられて離れていくときに、手を伸ばして「いかないでー」みたいなポーズになったのには思わず苦笑してしまった。ほんとグスタフはいちいち面白い。で、そのバックヤードで検査中にしっかり脱糞してくれて、ついに大小とも漏らすというかつてない偉業を達成するのだった。まぁ便の状態を医者に見てもらえたのはいいことだ(ポジティブシンキング)。

そんなこんなでほぼ午前中を費やして帰宅。イボはほぼ良性なので心配無用とのことだけど、これからダイエットに挑むのは気が重い……。というかもう、今日は人間も猫もへとへとに疲れきったので、午後は一緒にベッドでうだうだと過ごしててしまった。あいかわらずというか「怖いところに連れて行った張本人」を嫌いになったりはしないのだ。不思議。

Tags: gustav

*1 一度だけ乗せて近所を少し走ったことはある。もちろん大騒ぎ。

*2 麻酔が脂肪に溜まって効きが悪くなるのでこっちが先。

関連する日記: 2016-09-07(水)
本日のツッコミ(全5件) [ツッコミを入れる]
smbd (2016-06-06(月) 15:46)

グスタフの小心者っぷり、すごいですねえw

ただただし (2016-06-06(月) 22:00)

もっとも他にはドーラしか比較できる猫がいないので、一般的にどれくらい小心者なのかわかんないんだけどね。

yomoyomo (2016-06-06(月) 22:33)

いつか心を鬼にして、「いかないでー」ポーズなど、グーちゃんの小心者ぶりを激写していただきたいものです!

ただただし (2016-06-07(火) 10:11)

面白いことをするときにかぎって、手元にカメラがなかったりするんですよ……

smbd (2016-06-09(木) 01:02)

GoProをこめかみ辺りに常につけておきましょう!


トップ «前日 最新 翌日» 編集
RSS feed