トップ «前日 最新 翌日» 編集
RSS feed

ただのにっき


2012-06-30(土) [長年日記]

都市と都市 (ハヤカワ文庫SF)(チャイナ・ミエヴィル/日暮 雅通)

「これははたしてSFなのか?」という疑念が最後までつきまとうが、読み手の常識を始終逆なでするこの手触りはまぎれもないSFなんだよなぁ。不思議な、傑作。

領土を「共有」するふたつの都市国家が舞台。パラレルワールド的な意味でなく、本当に同じ土地に重なりあっているというトンデモ設定で、一方の国民は他方の国の人や物を「見ない」ように幼少期から徹底的に訓練されているから交わらずに済んでいるという。「いやいやありえないだろ、それ」と頭ではわかっていても、とことんディテールを積み上げられてしまって、読んでるうちに否定のしようがなくなってしまう。

それ以外は時代も現代だし、場所もだいたいバルカン半島あたりということで、SFっぽさはほとんどない。半村良がフィクションの舞台を作るときに、地図にカミソリで小さな裂け目を入れてその中にだけ架空の存在を入れるという話を書いていたけど、まさにそんな感じだ。

そんな舞台でおきた、国をまたがる殺人事件、それを追う両国の警察……というミステリー要素が加わり、さらに越境を厳しく取り締まるブリーチという謎めいた組織がなんだか超自然的なテクノロジーを持ってるっぽくてこれがSFらしさを加えてくる*1

いやぁ、これが面白くないわけがないよなー。すげー。

都市と都市 (ハヤカワ文庫SF)
チャイナ・ミエヴィル/日暮 雅通
早川書房
¥ 1,080

Tags: book

*1 実際はそれほどでもなかったので肩透かしっちゃぁ肩透かしだ。


トップ «前日 最新 翌日» 編集
RSS feed