トップ «前日 最新 翌日» 編集
RSS feed

ただのにっき


2012-02-10(金) [長年日記]

ベテルギウスの超新星爆発 加速膨張する宇宙の発見 (幻冬舎新書)(野本 陽代)

本が好き!の献本抽選は、なぜか4回に1回かならずあたるんだけど、これ本当に"抽選"なんだろうか(笑)。

というわけで、ふらっと応募したら当たってしまった本書、ベテルギウスに固有の話は最初の章だけなので正直タイトルに偽りありだけど(で、そのことに文句たらたらなレビューがAmazonに複数あるわけだけど)、超新星を題材にした現代宇宙物理学の一般向け啓蒙書としてはいいセンいってると思う。副題の「加速膨張する宇宙の発見」が真のタイトルだ。

ちょっと天体物理学をかじったことがあれば中盤の「星の一生」の話は初心者向けすぎてかったるいかも知れないけど、終盤、2011年のノーベル物理学賞にもなった「宇宙の膨張が加速している」という話とそこに至るさまざまなブレイクスルーの話はとても面白かった。観測機器の進歩にともなってどんどん新事実が出てくるところとか、観測結果に合うようにさまざまな理論が提出されるさまとかの科学的側面に関する話題だけでなく、ライバルどうしのつばぜりあいみたいな人間ドラマまで盛り込んであって、薄いくせになかなか盛りだくさん。現代の天文学が、ものすごくダイナミックなことがわかって楽しめた。

ところで、冒頭の「ベテルギウスが2012年に爆発する」という「デマ」が、専門外の学者による不用意なひとことに尾ひれがついて注釈が欠落して無責任に伝播したという分析が、ここ1年間われわれ日本人が振り回された原発がらみのデマ騒ぎと構造がみごとに重なって、どこの世界もいっしょか……とビミョウな気分になってしまったよ。ちなみにベテルギウスは今年爆発してもおかしくはないけど、誤差は10万年くらいらしいですよ。天文スケールだと10万年でもすごい精度だ。

Tags: book

トップ «前日 最新 翌日» 編集
RSS feed