トップ «前日 最新 翌日» 編集
RSS feed

ただのにっき


2010-06-05(土) [長年日記]

無限記憶 (創元SF文庫)(ロバート・チャールズ・ウィルスン/茂木 健)

前作『時間封鎖』はなかなかの傑作だったので、続編の本書はけっこう楽しみにしていたんだけど(というわりに1年近く放ったらかしにしておくのはどうなのか)、ちょっとイマイチだったかなー。なんというか、ストーリーはあるけどプロットがない感じ。

って、前作も似たような印象だったことを思い出した(笑)。この人の作風なのかね。ひとつひとつのエピソードは素敵なんだけど、最終的にはまとまりがないところに落ち着くというか。三部作の最終巻はまだ出ていないようだけど、買うかどうか悩みどころだ。

Tags: book

トップ «前日 最新 翌日» 編集
RSS feed