トップ «前日 最新 翌日» 編集
RSS feed

ただのにっき


2009-11-07(土) [長年日記]

グスタフ、初めて注射を打たれる

[写真]お出かけバッグの中から

よく、「噛み癖のある猫は逆に(人間から)噛み付いてやるべし」と言うしつけ手法が知られていますが、グスタフは噛むといっそう喜びます。さすが、額に「M」の刻印があるだけのことはあるぜ(伏線)。

さて、先日、日を改めて来るようにと言われたワクチン接種だったが、先週は行けなかったので今日になって実施。例によってお出かけバッグに入れて外に出ると別人(別猫)のように大人しくなる。

ワクチン接種にはちょうど良い成長具合とのことなので接種決定。その前に目、耳を見てもらい、さらにお尻の穴にガラス棒を突っ込まれて寄生虫の検査。問題なし。

さて、先生が注射器を取り出したので、念のため押さえつけておこうとして上半身を支えていたら、針が刺さったとたんに「ギャッ」と鳴いておれの指に思いっきり噛みついてくれた。右の人差し指の上下に、きれいな穴があきました。これには先生もびっくりして「こんなに激しく噛む子猫は珍しい」とのこと。あちゃー。

いやまぁ、ちょっと乱暴すぎるよなぁとは思っていたんだけどさ。これからはもっとガッツリ叱らないとなぁ。でもコイツ、ドMだから叱っても悪びれないんだよねぇ……。

流血の人差し指写真でも貼ろうかと思ったけど、それもアレなので、外出に疲れて寝こけているグスタフの写真を貼っておきますね。寝てると大人しいんだよなぁ(あたりまえだ)。

[写真]外出疲れ

Tags: gustav

トップ «前日 最新 翌日» 編集
RSS feed