トップ «前日 最新 翌日» 編集
RSS feed

ただのにっき


2007-07-19(木) [長年日記]

9784150308889

田中啓文(の作品)は、下品で汚くてエロくてグロくて血生臭くて低俗でどうしょもないんだけど、なぜか憎めない。SFマガジンでも、ちゃんと継続して読んでる連載は「ジャンゴーレ」だけだし(それもどうかと思うが)。でも、篠房六郎でジャケ買いした人は激しく後悔するだろうなぁ、これ。買う前に表紙をめくって、左下の女の子がどんな体をしているのかちゃんと見てからにした方がいい。

つーかね、おれにとって「SFの刷り込み」にあたるのがハインラインのある作品なんだが(作品名をあげるとネタばれになってしまうので書かないけど)、本書はネタ的にそれとすごくかぶるので、それだけでなんとなく好きになってしまった。刷り込みは恐ろしい。もちろん、最後にもうひとひねりあるわけだけど。

でもまぁ、客観的にはやっぱり、下品で汚くてエロくてグロくて血生臭くて低俗でどうしょもないと思います(←褒め)。

Tags: book
本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]
poppen (2007-07-20(金) 23:15)

ラストがあまりにも大胆すぎてビビりました。 > 忘却の船に流れは光

ただただし (2007-07-20(金) 23:57)

おれは「あり」だと思ったけどなぁ >ラスト


トップ «前日 最新 翌日» 編集
RSS feed