トップ «前日 最新 翌日» 編集
RSS feed

ただのにっき


2007-06-07(木) [長年日記]

Self‐Reference ENGINE (ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション)(円城 塔)

方々で「傑作」との呼び声が高いので、積みあがった未読本を押し分けて先頭に出てきた。

確かに傑作だ。が、どうにもおれは「ケッサク」と呼びたい気分が抜けない。傑作には違いないのだが、読んでいるあいだ中、頭の中で「SF終わったな」というリフレインがね……。ここで「SFなんてとっくに終わってるじゃん」とツッコミを入れようとした人は、自分の過去が改変されていると思った方が良い。

そもそも全編に渡って頻出する「巨大知性体」という用語がダサすぎる。それに、人工知性を描いていながら、シンギュラリティにまったく触れないわざとらしさ。「SFが終わったあと」を狙って投下しているとしか思えないではないか。これをハードSFに分類するのはお目出度すぎる。どうみたってギャグSFだよ、これは。

だいたい、円城塔という小説家が実在するかどうかも怪しいものだ。新人というのがまた、怪しさ百倍だ。せいぜい、ゴーストライターというところだろう。さしずめ、SFマニア集合知性のゴーストライター。でなけりゃ、こんなSFマニアが集まってするようなヨタ話ばかり、延々二十編も書けるわけがない。

あー、ここまで読んで、ほめてるように思えなかった人のために書いておくと、ほめてます。SFマニアにとっては面白かったです(←やっぱ言い方がビミョー)。

Tags: book
本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]
masa (2007-07-10(火) 13:29)

あからさまにシンギュラリティそのものでは?巨大知性体

ただただし (2007-07-10(火) 14:52)

個人的な判断基準を示させてもらうならば、人類に興味を持ち続けている時点で「特異点」に到達しているようには思えません。シンギュラリティって、人類など眼中になくなるくらいの状況を指すと思うんだけど。

masa (2007-07-10(火) 20:23)

ああ、なるほど。「人類文明の根源的な変容」くらいの意味でとらえていたもので>シンギュラリティ


トップ «前日 最新 翌日» 編集
RSS feed