トップ «前日 最新 翌日» 編集
RSS feed

ただのにっき


2006-05-23(火) [長年日記]

脳のなかの幽霊 (角川21世紀叢書)(V.S. ラマチャンドラン/サンドラ ブレイクスリー/V.S. Ramachandran/Sandra Blakeslee/山下 篤子)

ちょっと古い本だが、ウィッシュリスト消化の一環として。

読んでる間じゅう、後頭部のあたりがゾワゾワと逆立ちっぱなしな感じだった。幻肢をはじめとする人体の不思議現象を、脳の異常を原因とする仮説をたて、それを実証するための簡単な実験を考案して実証する。これこれ! これが科学の醍醐味だ!

とにかく、実験で実証されてないかぎり、どんなに筋が通ったアイデアもあくまで仮説としてしか扱わない、筆者の徹底した態度はすばらしい。脳という得体の知れない対象を相手にしながら、この態度を貫くのは大変だろう。

もっとも、それゆえに実験が追いつかずに仮説のオンパレードになる本書の後半は、前半ほどの説得力はないし、興奮も少ない。だが、前半の実証を背景に、ここまで話を広げるか! という思考実験の行き着く先を見るのは、それはそれで楽しかった。脳はエンターテイメントだねぇ。

ところで、続編も読むべきかな?

Tags: book
本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]
tokoya (2006-05-24(水) 15:04)

読むべきでしょう。一般向け講演の内容をまとめた本なので、内容的にはかぶっている部分も多いのですが、より分かり易くなってますし。

ただただし (2006-05-24(水) 21:08)

そっかー。じゃあ、次なるウィッシュリスト入りにしておこう


トップ «前日 最新 翌日» 編集
RSS feed