トップ «前日 最新 翌日» 編集
RSS feed

ただのにっき


2005-07-01(金) [長年日記]

ヒューマン -人類- (ハヤカワ文庫 SF (1520))(ロバート・J・ソウヤー/内田 昌之)

三部作の二作目。偶発的なファーストコンタクトだった前作に対し、今作は少し計画的になり、ますますファーストコンタクトSFの様相を呈してくる。まぁ、そのつもりで読めばいいのだが。

ベトナム戦没者記念碑前のシーンはなかなか感動的だし、それに続く議論は、迫力もあり納得もいく。ネアンデルタールの世界観は、理性的で論理的。おれの趣味に合うなぁ。あっちの世界に住みたいかと聞かれれば、ちょっと躊躇するけど。樹の家には住んでみたいが。

次作に続く謎(というか大問題)や、波乱の予感を含ませて終わるので、できれば次作が出てから読みたかったところ。早く出ないかな〜。

Tags: book
本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]
とみた (2005-07-02(土) 02:55)

「自作」→「次作」

ただただし (2005-07-02(土) 09:40)

ども。


トップ «前日 最新 翌日» 編集
RSS feed