トップ «前日 最新 次日» 追記
RSS feed

ただのにっき


2000-06-03(土) バリ旅行(1)

しばらくBali日記になります。

04:00

眠いったら。11:00に飛ぶ飛行機に乗るためにこんなに早起きしなきゃならないなんて異常だ。もっとも、かみさんがいるからこんなに早く起きなきゃいけないんだけどさ。おれだけなら、あと30分は寝てられる。

11:30

成田のイミグレーションはものすごい混雑で、まるでゴールデンウィークのようだ(って、GWに海外旅行行ったことないけどさ)。搭乗待ち合い所はそれほど込んでなかったから、空いてるのかなーと期待したけど、イミグレーションをぎりぎりに抜けてきた乗客が続々とやって来て残念ながらほぼ満席。ジャンボに乗るのは2年ぶりか。JALのスッチーのレベルの低さ(と言っては失礼か。好みからの外れ具合、だ[笑])は相変わらず。頼むからバリにも飛んでくれぃ >ANA

それにしても、10:55発なのに滑走路で飛行機が大渋滞で、飛びたてたのはやっとこの時間。やっぱ成田はどうにかすべき時期なんですかねぇ。

12:30

食事の前にPalmで日記をつけてみる。POBox inlineにpb-tkの組み合わせを持って来たけど、これが大失敗。dic-tk特有の送り仮名がPOBox側でまったく利用されないので、ぜんぜん動詞が出ない。これでは少なくとも日記用途には使いものにならんわ。しかたがないので、使い慣れたmanae+dic-tkを使うことに。この組み合わせ、少なくとも単語が出なくてストレスが溜まることはない。

18:30(JST)

中継地ジャカルタ到着。時差は2時間あるけど、バリに着くまで日本時間でいこう。滑走路は地方空港みたいだけど、建物がなかなか美しい。赤い瓦屋根に床は煉瓦。成田ももっと怪しいアジアンテイストを醸し出せばいいのに。なんたって、神の国なんだしさ(笑)。

20:30(Bali Time)

機内で夕食がわりの軽食が出て、やっとDenpasarに到着。もちろん外はまっ暗で、いったいどんな土地に来たのかさっぱりわからない。空港はジャカルタみたいにエキゾチックじゃなくてちょっと残念。でも、そこかしこにさりげなく神様の像が隠れてるけどね。こま犬ウォッチャーとしては、本能を刺激され続けられる土地である。

またもやイミグレーションに長い行列を作ったあと、空港の外でちょっと小太りでやや関西訛りの日本語を話すI'llの現地人ガイドに会う。かなり年期のいったハイエース(?)に乗せられて、こんどはUbudまで1時間の旅。左側通行なので怖くない(笑)。街の中はタンデムしたカブのアベックが多い。ほとんどがタイカブかその派生機種。

21:30

その後、何度か道を曲がるとどんどん田舎道になり、まるで丹沢の山奥の様相。いきなり箱根に行くようなもんか。Ubudに入るとポツポツ雨が降り始める。おお、こんなところでまで雨男の面目躍如か(あとで聞いたら、夜に降ることは珍しくないらしいが)。道ゆくバイクは、ホンダ製よりヤマハ、スズキが増えてくる。山の中なので、パワーのある2stが重宝されてるってことかも。そして雨足はどんどん強くなり、バケツをひっくり返したような土砂降りの中、ホテルPita Mahaに到着。ホテルといっても、30軒ばかりの独立したヴィラなんだけど。通されたのは、30畳ほどの広さを持つ一軒家。外見は暗くてよくわからんが、いかにも風通しのよさそうな作りだ。なんたって、露天風呂だもんな(笑)。ホテルからのプレゼントだという包みにはサロンが1枚。日本の浴衣みたいなもんか。腰に巻いて、濡れたTシャツのかわりにシンガポール土産のアジアなシャツを着たら、かみさんに受けまくっている。似合いすぎらしい。たしかにもう少し色が黒ければ、現地人と見分けがつかぬ。

23:30

お湯の出が悪くて(というか、風呂がでかすぎ?)なかなか湯船がいっぱいにならないので、てきとうにシャワーを浴びて寝る。雨のおかげで涼しくていい。すごく静かだし。突然部屋の隅でヤモリが鳴いたりするけど。


2001-06-03(日)

Last-Modified

さよう、tDiaryを使おうと思ったら、Rubyは1.6.3以降でなければなりません(って書いとけ >おれ)。もしくは、月と日がともに2桁になる日にだけ更新するとか(笑)。

じゃなくて、ご利用ありがとうございます。tDiaryのページからリンクしておきました;-)

つーか、逃避してないで原稿書け〜 >おれ

Book Off

かみさんがBook Offに行きたいというので車を出す。ついでに自分の本も少し処分。「ハイペリオン」シリーズのハードカバーを放出。業界の評価は高いが、おれには合わなかった。ちっとも面白くない。あとアンソロジーの「2001」も。あんな厚い本を置いておくスペースはない。

しかし、どんなに程度が良くても、どんなに高いハードカバーでも一律100円のBook Offに出すのは損だよなぁ。でもそのために神田まで行くのはアホだし。

ひさびさにBMWのエンジンをかけた。バッテリーは上がっていなかった。でもABSはやっぱり動かない。電圧にシビアなコンピュータめっ。

あとは掃除やらエグザスやら原稿やら。


2002-06-03(月) 7587歩

昼食放浪記

SUBWAYのポテトがうまいことを知る。

それにしてもおれって、かなりパン食が好きだな。

関心空間

メンテのおかげ(?)で未読がクリアされたので、「これはチャンスだ」(←?)と思って未読解消にチャレンジ。とうとう最後の未読を読み終えたら、未読のリンクが「ぶらぶら」というALTが付いた矢印に変わった。ようするにランダムジャンプらしい。

なるほどねぇ。ここのサイトナビゲーションは(HTML的にはかなり無茶苦茶だけど)、いろいろと工夫があって面白いよな。

野球とサッカー

昼休みにエレベータに乗り合わせたa.kと、「8時間ぶっ通しでサッカー見るなんて、たまらんよ」的な会話をする。健康のため、観戦のし過ぎに注意しましょう。

そう言えば、アメリカ(USAの方)ではW杯の報道はほとんどないらしいと、かみさんが言っていた。かつて自国開催したこともあり、とうぜん自国のチームも韓国に来ていて、テロ対策で韓国軍が競技場周辺に地対空ミサイルを配備するほどの盛り上がり(?)なのに、かの国ではちぃとも盛り上がっていないらしい。試しにワシントンポスト紙のサイトを見てみたけど、スポーツ面のトップはバスケ。WorldCupはサブメニューのone of themに過ぎない。New York Timesも多少目立つ枠がある程度でたいした違いはない。

ちなみにピッチの周囲に置かれている広告は半数以上がアメリカ資本の企業なので、少なくとも金儲けの手段としては認知されているようだから、これはもう、サッカーを楽しめない国民性なんだろう。と、こないだの話を書いたあとで小野田さんの日記を読んで思った。

アメリカで人気のあるスポーツってぇと、野球、アメフト、バスケ、フィギュアスケート(←思いついた順。根拠なし)。野球・アメフトといえばルールが複雑で(アメフトが何をやってるのか、何度見ても理解できない)、短い周期で試合が停止するのが共通した特徴に見える。バスケは絶え間なく点数が入り続ける競技だし(次の得点までの待ち時間が少ない)、フィギュアはたかだか1人あたり4分程度の演技時間。いずれも、じっと座って見ていなくても、つまみ食いのように楽しめるスポーツだと言えるかも知れない。ようするに、落ち着きがない国民性?(違)

というわけで、「野球好きな人はアメリカ人説」をここに唱えることにする(←違うだろ)。

Visor

あーあ、とうとう恐れていたことが。SDカードは小さすぎて、StepKeeperみたいな遊び心のある製品が出てきづらいんだよなぁ。

なんにせよ、潮時か。次なるPDAを探し始めなければ。といっても、よさげなものがないんだよなぁ。MorphyOneのMLも、しびれを切らした予約者で荒れてきたし……。

Linuxなザウルスか?

本日のツッコミ(全11件) [ツッコミを入れる]

Before...

ただただし [じゃあアイスホッケーの1ピリオド20分が、アメリカ人の集中力の限界なんだ(笑)]

yamato [先日はどもです。ワールドカップ、空席がいっぱいあるんですって・・。m(m。うーん、なんだか悲しいですね。]

きた [アイスホッケーはパワープレイの間だけ集中しとけばOKです.]

あぱれる [めりけんの国のスポーツがこまぎれなのは、TV放映を考慮しているという話を聞いたことがある。コマーシャルがはいるように..]

ただただし [あー、それはあるだろうなぁ。 サッカーなんてもってのほかだよね(笑)]

くわ [15分6R制にするとか。]


2003-06-03(火)

空耳

デビアンサミット携帯Strutsで吹き出してしまった。やぁね、業界人って。

プリン様

おれのプリン好きは過去の日記でバレているのでいまさらだが、 恋愛的瞬間だけじゃなくてもう一冊あったはず。タイトル思い出せないけど、発言者は少年。

#まるで暗号

本日のツッコミ(全8件) [ツッコミを入れる]

Before...

ほそのひでとも [ぎゃー。wwwoffleが悪さしてました。ごめんなさい。]

sheepman [「ぼくだけが知っている」?]

ただただし [あたり。]

buru [仏語表記だと「Sommet d'Evian」なので、デビアンサミットでもあながち間違いでもなし?]

ほそのひでとも [いあ、サミットはd'e"v"ianで、Linuxの方はDe"b"ianなんでやっぱり違うと思うです。]

Oかもと [日本人には、viもbiも同じに聞こえるので、誤差の範囲です(^^;;]


2004-06-03(木)

携帯のキラーアプリは目覚ましだと思う

あー、おれもそう思う〜。最近、携帯を目覚ましにするようになって、派手な寝坊はなくなったもんなぁ。なんでかっつーと、我が家でスヌーズ機能が付いた目覚ましは携帯しかないからなんだけど(ようするに二度寝が撲滅できたということ)。

あと、普段着の時は腕時計もしなくなりますた。出先でのWeb/メールも携帯になったので、ノートPCの持ち歩きも激減。

でもスケジュール管理だけはPalmじゃないとできない。海外だけとはいえSONYに手を引かれちゃって、Palmが潰れちゃったらどうしよう。今のうちにZire72でも買いだめしておくか?

mixi: コミュニティ

「アレゲタワー」ってコミュニティができてて、使われてる写真がこないだおれの撮ったヤツだったのでずっこけた。もっとマシな写真はないのか!(笑) >住人

つーか、mixi流行ってますな。10年以上会ってない知人から追加リクエストが来たりして、orkutと同じように旧交を温めるという役には立っている。でもそっから先というと、コミュニティに入っても見知った顔ばっかりで、パソコン通信となんら変わらないんだよなぁ。だったら、もっと広い海原(インターネット)に出ていた方がおれは楽しいと思うんだが。わざわざ一企業が作る狭い世界に囲い込まれて、そこに安住する気にはなれんつーか。

クローズドなコミュニティを作るなら、簡単でいいと思うんだがね。

screen: caption

各方面で絶賛されているscreenのcaption技。おぉ、たしかにこりゃいいな。

例示されている指定だとけっこうスゴい色になってしまったし、おれは単色で控えめなのが好きなので、こんな感じにした。カレントだけbold反転にして、日付・時刻はなし。それにしても、バッドノウハウ臭がプンプンする文法だな!(笑)

caption always "%{=r dd} %-w%{=b dd} %n %t %{-}%+w %="

↑こうやって書いておくと、自宅に帰ってからコピーするだけでいいので楽である。

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

wtnabe [携帯の目覚ましはバイブな目覚ましにできるところが個人的には気に入っています。他の人を巻き添えにせずに自分だけ起きるこ..]

kdmsnr [携帯の目覚ましでも寝坊する...orz]

シンX [ケバくてすいません(苦笑]

reno [目覚ましに慣れて起きられなくなったときが買い換え時期ですか。]


2005-06-03(金)

あるパチンコ屋のポスター

楽●金 これはマズイだろー、これは。

タフの方舟 2天の果実 (ハヤカワ文庫SF)(ジョージ・R・R・マーティン/酒井 昭伸)

おれの「あこぎ」に対する閾値が高すぎるのかも知れないが、やっぱり「宇宙一あこぎな商人」には見えない。値切り交渉なんて宇宙どころか地球でも一般的だしな。

というわけで、前編に続いてシチュエーションの面白さで楽しむエンターテイメント。もっとも、どの話もすぐにオチは読めるので、そういう「あっと驚く展開」みたいのを期待してはいけない。肩の力を抜いて、あくまでストーリーテリングを楽しむべし。

Tags: book
本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

しんのすけのつどい [楽天市場はマークが変わったからいいんじゃないんですか(笑)]


2007-06-03(日)

とり・みき2冊

街角のオジギビト(とり みき)

工事現場で頭を下げている「オジギビト」に関する命名者で第一人者の漫画家とり・みきによる集大成本。うっかりしていて見逃していたので、いまごろ買った。

収集を始めて20年だそうだ。やっぱ継続は力だよなぁ。おれのこま犬観察はせいぜい12〜13年か。最近サボってるけどのんびり続けよう。20年たてば本くらい書けるかも知れん。tDiaryも(ry

とり・みきの本なのに、本人によるイラストは表紙や扉などのごく一部にしかない。あとがきにすらない。

時事ネタ(とり・みき)

同じくとり・みきの時事ネタ本の続編。上の本と合わせて購入。一部に絵の荒い回が混じってるんだけど、これって電子入稿かFAX入稿の痕跡だろうか。

Tags: book

2011-06-03(金)

オルタード・カーボン(上)(リチャード・モーガン/田口 俊樹)

「なんだかクールな表紙だな」と思って読んでみたらガッチガチのハードボイルド(ただし舞台は600年後)だった。ハードボイルド読んだの久しぶりだ。

ハードボイルドってやつはスタイリッシュなだけでは成立しなくて、背景には哀愁のようなものが漂っていなければいけないと思うのだけど、本書はそういう意味ではとてもよくできたハードボイルド小説だと思う。主人公のタケシ・コバッチはたくさんの悲しい過去を背負いつつ、しかしそんな情報も断片的にしか明らかにされないので、謎めいた憂いのあるかっこよさが際立つ。

舞台は600年後、人間の記憶・意識は常時チップにバックアップされ、死んでもチップさえ保護できれば新しい肉体(スリーヴ)で復活できる。表面上は不死が実現しているが、ただしスリーヴの入手にはもちろんコストがかかるし、チップのオンラインバックアップにも金がかかるので、貧富の格差が寿命の長さに直結している。スリーヴを用意できない人間は電子状態で凍結されるか、せいぜいヴァーチャルで過ごすしかない。

と、設定だけみればかなり「SF」してるんだけど、アイデンティティ方面にはあまり足を踏み込まないので、こういう題材を扱うわりにはあまり現代的な感じはしない。というか同じような設定の小説は自分でも学生時代に書いたよなぁ(そしてハヤカワに送ってボツにされた)。傲慢な長寿族と虐げられる一般市民の確執が話の基本で、このあたりは設定を現代に移してもそんなに変わらない主題だ。

ということなので、SFっぽい設定のハードボイルド小説として読めば楽しめるけど、本格SFとしての期待感はあまり持たない方がいいかも。

オルタード・カーボン(上)
リチャード・モーガン/田口 俊樹
アスペクト
(no price)

オルタード・カーボン(下)
リチャード・モーガン/田口 俊樹
アスペクト
(no price)

Tags: book

tDiary: search-bing.rbを書いた

Yahoo!のBOSS APIがそろそろ廃止のはずなので、別の検索サービスに乗り換えなくてはいけないのだ。で、Google版はhbさんが書いていたので公開されるのを待つとして(とか書いてたらcontribに公開された)、なるたけオルタナティブな選択肢を用意しておく信条のおれとしてはBing版を書くしかあるまい。

というわけで、やや手抜きっぽい部分もあるが、search-bing.rbを書いた。ドキュメントはこっち。さっそくこの日記に組み込んでみた。1000件までという制限がある他はとくに制限なし(なのかな?)なので、Yahoo!みたいに規約が変わらないかぎり使い続けられるだろう。ただ、明らかに検索結果が少ないんだよなぁ。やはりGoogleに一日の長か。

ただこれ、セキュアモードでは動かないので、tDiary.Net全体で使えないんだよな。無理やりセキュアモードで動かすか、js版を書くかしないと……。

今日はその他に、rubykaigi.rbがRubyKaigi2011対応になったり*1section_footer2.rbがGoogle +1に対応したりと、妙にプラグインのアップデートが多い日であったよ。

Tags: tDiary

*1 さっそく→のバッヂを置き換えた。今年は個人スポンサー


2014-06-03(火)

BOOKSCANに送る本の冊数を計算するアプリを作った

ひさびさにサンデープログラミング。

毎月BOOKSCANに送る本を選ぶときに、BOOKSCANの「冊数」(350ページまでが1冊、あとは+200ページごとに+1冊)を計算するのがつくづく面倒くさくなったので、計算してくれる簡単なWebアプリを作った。候補になってる本のISBNをバババっと入れていくと、一箱に収まるかどうかを計算してくれる。とりあえず自分の役に立てばいいのでライトプラン専用、デザインも最小限*1。本の題名はAmazonへリンクになっているので、一箱分が埋まったらそのまま注文してしまえば良い。

[スクリーンショット]BOOKSCAN Premium Optimizerの画面

なお、一箱分を超えると二箱目に突入するが、以降は一箱目がもっともお得になるように遺伝的アルゴリズムを使って最適なセットを計算する(えっ、この人なに言ってるの……?)。なお「お得」の意味は「一箱に入るトータルのページ数を最大化する」ということである。三箱目以降も同様*2

例によってソースはGitHubで

Tags: ebook ruby

*1 あんまり真面目に作ってないのでDoS攻撃等には脆弱です。

*2 ナップサック問題の一種なので、そもそもこんなことをしなくても厳密解が得られるはずである。


2015-06-03(水)

【ナビスコ】川崎 1-1 仙台@等々力陸上競技場

[写真]いつものバック2Fアウェイ寄りにて観戦

ナビスコばっかり観に行ってるような。もうリーグ戦は浦和で決まりだけど、ナビスコはまだわかんないしな。平日の夜なので観客の入りは10000人足らず。

仙台はあんまりがっつり引いてるわけでもなく、それほど川崎シフトをひいてる感じではなかった。とはいえDFは厚かったので、いつものようにあまり前にボールを運べず。どうしようもなくダメってこともなかったけど、パンチに欠けていたので勝ち切れず、という感じかなぁ。

最盛期のフロンターレは、キーパーやゴールポストに弾かれたボールに対応してゴールを決める波状攻撃のパターンが多かったんだけど、そういう場面が少ないんだよな。悪い意味でがっついてない。この試合もそういうチャンスが何度かあったのに、誰も寄ってなかったり、見当違いの方向に蹴りだしちゃったり。ゴール前では監督の作戦なんて忘れちゃえばいいのに。

Tags: frontale

2018-06-03(日)

THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 5thLIVE BRAND NEW PERFOR@ANCE! DAY2のLVへ行ってきた

今回のパンフレット

昨日に続いて、最終日もバルト9にて。昨日はスクリーン9だけだったけど、今日はスクリーン6でもやってるなぁ。今日の出演者の方が人気あるんだろうか。まぁボーカルモンスターの人数は今日の方が多そう? 見どころは多いよね、灼熱少女勢揃いと、ジュリアはなにを弾くのか。

いつもの中里キリレポート:


昨日でセトリのパターンは読めましたからね。スタミナ切れにならないよう直前に糖質とったし、トイレも行ったし、準備万端よ。とりあえずBNTのあとのソロ一発目は間違いなくMachicoでしょ、ペンラを黄色に切り替えて……とか余裕こいてたら「FairyTaleじゃいられない」が始まってひっくり返る。まじかー、これじゃ、ころあずがトリという予想まで外してきそうじゃん*1

そのあと(個人的な)本日一番の期待曲「虹色letters」がかかって早くも昇天であります。リリイベのときより格段に完成度が増してすばらしいハーモニー。ダンスも二人の身長差を感じさせない絶妙なバランスに落とし込んできて、さすが。はー、しあわせ。

さらに「ドリームトラベラー」で焦らしたあと、最初のソロがなんと「Only One Second」。まさかの紗代子かーーー!! いやー、こんな序盤からべーせんの全力が聴けるとは。嬉しいなぁ。その直後が「WE ARE ONE!!」だから会場はテンションあがりっぱなし。3rdでは「のり子コール」をしてもらえるか不安がっていたなーなが、今回は最高のコールをよこせとみずから要求するんだぜ? 継続的にライブに通うからこそみられる変化がじつに楽しい瞬間だ。事前にTwitterで振りコピの情報も回ってきてたので、対応も完璧にできた。

それにしても第一ブロックだけで死んだわ。とか言ってたら、第二ブロックで新ユニット(閃光☆HANABI団)による完全新曲「咲くは浮世の君花火」がいきなり披露。今回対象になってるユニット曲にはPrincessが1曲欠けていたことから、実はこの展開は予想されていたんだけど*2、まさかこんな元気いっぱいの曲がくるとは想像すらしてなかった。MCで「脳筋プリンセス」と自虐的に自称されていたけど、HANABI団、個人的にはめっちゃ好きだわ。メンバはほんとに脳筋だけど(笑)。はやくゲームで聴きたい!

第二ブロックの終盤は「フルコォス」→「ハイホー隊」→「スポーツ!」で完全にこっちのHPを削りにくる構成でまいった。どんなに身構えていても、確実に体力は不足する。とはいえこの3曲は、やってる方も大変だよなぁ。とくにぜっきー。リリイベでも大変そうだったけど、今回ちゃんとパワー上乗せで仕上げてきたのはさすが。稲川プロがウィッグで髪を長くしてきてたけど、ロングヘアなのにやんちゃな環が現実ではどういう感じなるのか非常によくわかって良かった(笑)。うえしゃまはいつもどおり! というかいつも以上にカンペキな海美。大満足。

次のブロックはさすがにひと息入れさせてくれよ〜という期待はおおむねかなえられたけど「昏き星、遠い月」は一瞬たりとも目を離せないという意味で休めなかったな。ヘッドセット曲といえば、過去のにはMoIW2015での「Pon de Beach」とシンデレラの「お菓子屋さん」があったが、ミリオンはこの曲でユニット全員にヘッドセットをつけてミュージカルに仕立てた。公演後に公開された写真をみるかぎり、みんなこの曲のときだけメイクを変えたりカラコン入れたりと気合い入れすぎ。またひとつ、アイマスの歴史に残るアクトが生まれたと思う。

他にも「ふわりずむ」で「は〜、蝶々のダンスきれい……」ってなったり脳筋プリンセスによるド派手な「Princess Be Ambitious!!」でふたたびテンション爆上がりしたり。だが、やはり特筆すべきは「ロケットスター☆」かな。3rdツアーから評価が上昇しっぱなしのMachico、今回は金髪にしてさらに翼とのコンパチ度をあげてきて、ほんとうに翼が歌い踊っているかのよう。ほんとこの子は、信号機の3番手に置いておくのがもったいない!

MCについてぜんぜん触れられてないが、とにかく曲が詰め込まれていてMCはほぼ一瞬で通りすぎてしまうのだ。それでも「脳筋プリンセス」以外に「FairyTaleが踊れない」「エンジェル反省会」など謎キーワード頻出で楽しかった。といっても、シンデレラ一門とはちょっと方向性が違うのが面白い(おおむね田村奈央のせいかも知れない)。

さて、(ちょびっとHPが復活してからの)最終ブロック。何が残っているかはもうわかっている。灼熱少女がついに全員揃ってのジレハが一曲目。語れることは多くない。ただ、シリアスな表情で歌うべきこの曲で、ゆきよが始終うれしそうに笑ってしまっていたのが印象的だ。こっちはそれを見て泣くわけだが。

最後のソロ曲4連発を「ムーンゴールド」で始めるのは「ほう」って思った。話題性優先ならここは「Sister」でもいいわけだが、それは前ブロックでやっている。歌唱力では一歩及ばない野村だが、そこに演技力を加えるとぐっと近づける。4thでもソロ一番手の重要ポジを与えられたり、さりげなくスパルタ入れてきてるよね。いいと思う。まだまだ伸びそう。

「スタートリップ」、愛美はこの曲のためにアコギをまた自前で買ったそうだ*3。エレキとアコギではだいぶ勝手が違うだろうというくらいしかわからんけど、それでも1コーラス丸々弾き語りだよ、ほんとすごい。「シルエット」、リリイベとほぼ同じ、逆光で登場するシンプルな演出。曲の途中でふっと表情が柔らかく変化するのがこの曲最大のみどころ。ブランクを感じさせない完璧なパフォーマンスだった。そして「SING MY SONG」。前日のこーりーに、大トリはかくあるべしというような、「ミリオンの歌姫はこの私」と見せつけるかのような、完璧な歌唱。今日のころあずはMCでもトチらなかったし(トチるほどMCの時間がなかったからだが)、完璧超人でしたなー。たまにはこんなころあずも良い。

終盤からアンコールの流れは昨日とほぼ同じ。6thライブはまたツアーになるとか*4。ミリシタ1周年のキービジュアルが公開されて、同じポーズで再現しようという流れで、昨日参加だったもちょだけが足りない!となったとき「じゃあ代わりにゆきよで」ってなったの、今日イチで笑った。なるほど、姿見にはもちょが写ってるはずだもんなー(笑)。


アイマスのライブはものすごく制約が多くて、中でも最大の制約は「全員可能なかぎり平等に扱う」という点だろう。明文化されてないけど、これはかなり徹底されている。自分の担当アイドルの出番が少ないと憤っているPをよく見かけるが、ちゃんと数えてみれば、ちゃんと他のアイドルと同じだけ露出しているのだ*5

今回も、欠席だった昴の曲はちゃんと開演前にかかっていたりするわけで、39人全員のソロを披露して、かつ最新のユニット曲とそれ以外のメンバでのユニット曲も入れなければならなかった今回のセトリに課せられた制約の厳しさは過去最大だったと思う。4.5H×2DAYS、ほとんどMCのないライブは正直かなりキツかったけど*6、JUNGOをはじめ運営チームはほんとよくやったよ。すげぇライブだった。

*1 一部には種ちゃんではないかという予想もあったのである。ただ、本人が避けたがっている「復帰直後の特別扱い」を押し付けてくるとは考えにくかった。

*2 実は欠けた穴を「インヴィンシブル・ジャスティス」で埋めてくれないかなーと淡い期待はしていたんだけど、それはかなわず。

*3 愛美には、ジュリアのオーディションに通ったという連絡をうけたその足でジュリアと同じエレキギターを買いに行ったという逸話がある。

*4 オリンピックが近づいて首都近郊では会場を押さえにくくなっているという予想がある。なるほどなー。

*5 ライブのカメラワークにもこのルールは徹底されている。佐藤亜美菜の母親が、AKB時代には総選挙上位の子ばっかりカメラに抜かれていて亜美菜がちっとも映らなかったのに、シンデレラではちゃんと映されているといって感激していたという逸話がある。

*6 帰宅時に足がガクガクするこの感じ、MoIW2014以来かも知れない(笑)。あれもSSAだったなぁ。

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

yuno [「インヴィンシブル・ジャスティス」ですよー。よく間違えるやつですけど!]

ただただし [うわー、ありがとうございます! IMEのサジェストをチラ見してそのまま確定しちゃったヤツですね……あとで修正してお..]

tSU_RooT [>"AKB時代には総選挙上位の子ばっかりカメラに抜かれていて亜美菜がちっとも映らなかったのに、シンデレラではちゃんと..]

ただただし [3rdの直後だったかな。自身のラジオ番組内(たしか「よにこも」)で言ってました。]


トップ «前日 最新 次日» 追記
RSS feed